日本の発展途上国を嘆きます…国民所得で2位→28位秋

ウィークリーダイヤモンド

バブル経済が崩壊した1990年、日本の一人当たり国内総生産(GDP)は25,896ドルで、世界で8番目でした。 韓国は$6,610で42位にランクされ、日本との差は4倍でした。 2000年、日本の一人当たりGDPは39,173ドルに達し、世界で2位に上昇しました。 韓国は10年間で2倍の12,263ドルになりましたが、世界で35位にランクされています。 日本との違いも3倍以上です。

2021年の日本の一人当たりGDPは39,340ドルで、世界で28位、韓国は世界で30位の33,801ドルでした。 韓国は日本のあごに追いつくことができました。これは、一人当たりのGDPが20年でほぼ3倍になったためですが、日本の深刻な停滞のせいもあります。

先進国では特定が難しいさまざまな指標

"私たちは今、後進国です" 日本の嘆き…国民所得「2位→28位」が下がる [정영효의 인사이드 재팬]

2012年に49,175ドルに上昇した日本の一人当たりGDPは、9年ぶりに19%減少しました。 日本は、世界ランキングで20年ぶりにこのように落ち込んだ唯一の先進国です。

世界3大経済国の1つであり、先進国7カ国(G7)の加盟国である日本でも、「瞬く間に後進国になっている」(日本経済新聞、2021年4月9日)。または「衰退し発展が停滞している国」(デラ)これが、情報通信振興協会会長の咲明氏から「産経新聞2021条」と題された嘆きがある理由です。

G7で圧倒的に最悪のGDPの256%に達する国債比率は、日本の将来も明るいものではないと警告している。 将来の競争力の分野では、デジタル技術で27位(韓国で8位)、電子政府ランキングで14位(韓国で2位)、全国競争力ランキングで31位(韓国で23位)と、日本はほとんど考慮されていない投票を受け取ります。先進国。 。

国連持続可能な開発達成指数2021では、日本は19位(韓国は27位)であり、そのランキングは年々低下しています。

日本経済新聞は、「中国は、中国が主導する5G(5G)通信規格の競争に参加することすらできず、その特殊半導体は米国、韓国、台湾に遅れをとっている。 欧州や中国との格差は大幅に拡大している」と述べた。 下線を引きます。

国際競争力のすべての分野で衰退

"私たちは今、後進国です" 日本の嘆き…国民所得「2位→28位」が下がる [정영효의 인사이드 재팬]

日本が世界的な競争から取り残されているのは経済だけではありません。 保釈期間中に楽器箱に隠れてレバノンに逃亡した「世紀の予備」として注目を集めたルノー・日産・三菱の元大統領カルロス・ゴーンは、日本の司法制度の後退を批判している。さまざまなメディアインタビュー。

「日本で裁判を受けるのに何年もかかることに気づいたので、逃げることにしました。日本の刑事裁判は、彼らの99.4%が有罪であることを知っていたので、私は自分自身を守ることができないと決めました。」 日産の会長として8年間、補償金を91億円(約871億ウォン)削減して会社から金をゆすり取った容疑で、被害者を装った。

しかし、国際社会もゴーンの主張に同情を表明している。 国連(UN)専門家委員会は、「日本におけるカルロスゴーンの4回の拘留と拘留のプロセスは根本的に不当である」と述べた報告書を発表した。

韓国の刑事手続法によれば、容疑者は拘留から6か月以内に裁判にかけられるか、保釈される可能性があります。 一方、日本は、拘留期間に制限がないため、容疑者の基本的権利を侵害しているとして批判されている。 1995年のサリンガス事件の責任者であるオウム真理教会の高官が2011年に最終評決を下すのに16年かかった事件もある。サリンガス事件は13人が死亡した事件である。そして、偽宗教グループのメンバーであるオウム真理教が、通勤中に東京の地下鉄に毒ガスサリンを噴霧したときに6,300人が負傷した。

ゴーソン近郊の元日産自動車CEOのグレッグ・ケリーは、3月から6か月の懲役と3年間の保護観察を東京地方裁判所から宣告された。 BBCは、「日本の司法制度の複雑さと先進国の司法制度との食い違いが世界にさらされている」と指摘した。

福島原発事故後も「生態系の発展途上国」であることを惜しまなかったという人もいます。 日本は世界第5位の二酸化炭素排出国ですが、当時のトレンドである無石炭社会の実現を宣言したのは120回目でした。 また、「人権の面で発展途上国」であるという批判も免れません。 新疆ウイグル自治区と香港での人権侵害、ミャンマーの軍事クーデター、ロシアのウクライナ侵攻に関して、日本は米国やヨーロッパよりも不安定であると批判されている。

1975年から1989年にかけて世界で2番目に新しい薬を開発した「生物の大国」としての地位を失って久しい。日本のワクチン接種率は、独自のCOVIDの開発に失敗しなかったため、しばらくの間世界のトップ100を中心に推移した。 19ワクチン。

日本の近代化と経済成長のキープレーヤーとして評価されている「教育競争力」も揺らいでいます。 文部科学省科学技術学術研究所によると、日本の人口100万人当たりの博士課程卒業生数は2008年の131人から2018年には120人に増加した。

100万人あたりの博士号取得者数は、英国の約400人、ドイツ、韓国、米国の約300人に比べて大幅に少なかった。大国の中で、日本だけが博士課程の卒業生は減少しました。 米国の博士課程の卒業生の数は、2007年の276人から2017年には117人に減少しました。また、国のランキングでも21位に減少しました。 1990年代初頭まで世界3位だった優秀な科学論文のランキングも2018年には10位に落ちました。

世界で最も低い男女共同参画指数

"私たちは今、後進国です" 日本の嘆き…国民所得「2位→28位」が下がる [정영효의 인사이드 재팬]

日本の足首を先進国から遠ざけるのに苦労しているもう一つの遅れは、男女格差です。 世界経済フォーラム(ダボスフォーラム)の男女共同参画指数2021で、日本は120位(韓国102位)にランクされ、アラブ諸国を除いてリストの最下位に位置しています。

日本の女性議員(衆議院に基づく)は9.67%を占め、世界で165位にランクされています。 女性医師(21.9%)、裁判官(22.6%)、校長(16.4%)の割合も、先進国との大きなギャップを示しています。

2021年の全国公務員総合採用試験(韓国行政試験)では、女性志願者の割合(40.3%)と合格率(35.4%)が過去最高を記録したが、副官などの上級公務員は4.4%に過ぎなかった。秘書兼ディレクターは女性でした。 これは2005年の1.1%から大幅に増加していますが、2025年までに女性の上級公務員の数を8%に増やすという日本政府の目標からはほど遠いものです。

女性幹部の割合はわずか5.9%です。 民間企業の女性幹部・管理職の比率も14.8%(2019年)であり、先進国に遅れをとっている。 日本最大のビジネスグループである経団連は、2030年までに企業の女性幹部の割合を30%に増やすことを目標としています。しかし、経団連の20人の副社長のうち、女性は1人だけです(DeNA社長難波朋子)。

日本では、男性労働者に占める非正規労働者の割合は22.2%であり、女性労働者の54.4%は非正規労働者です。 女性の給与水準は男性の77.5%であり、OECD平均の88.4%を大きく下回っています。

元経済官僚であり、2020年まで5年間日本銀行の政策委員会の審議委員を務めた原田泰教授は最近、韓国経済新聞とのインタビューで次のように述べた。原田教授は次のように説明した。「清王朝は、オピウム戦争の敗北後70年間何もしなかったが、1911年の新海革命で崩壊した。

東京=特派員ヨンヒョジョンhugh@hankyung.com

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。