日本に行ったら絶対にこのコーヒーを飲まなければならない… オープンランに浮かんで 韓国でハ・スジョンのティータイム

11日、ソウル江南区三成洞のスターフィールドCOEXモールに「ウンコーヒー」という名前のパーセントアラビカコーヒーが韓国初出店すると、コーヒーを楽しむために長い列ができた。 / 写真 = アラビカ コーヒーの割合

日本と香港でスペシャリティコーヒーブランドとして有名な「%ΔRΔBICΔ(パーセントアラビカ)コーヒー」が韓国に初出店し話題を呼んだ。 ラテ一杯6500ウォンという高価なコーヒーにもかかわらず、開店前から「オープンレース」現象が起きている。

COEXショッピングセンター1号店出店

スターフィールドを運営する新世界プロパティは12日、11日、ソウル江南区三成洞のスターフィールドCOEXモールにパーセントアラビカコーヒーをオープンすると発表した.そのため、「Eung Coffee」と呼ばれています。 若者の間では、京都や香港など日本を旅する際の「ラテの行きつけ店」として知られています。

パーセント アラビカ コーヒーは、東京で育った商事ケネスによって設立されました。 2013 年に香港に 1 号店をオープンし、2014 年に日本の京都に旗艦店をオープンして事業を大幅に拡大しました。アジア、米国、英国、サウジアラビアを含む世界中で約 125 の店舗を運営しています。

韓国では、別の韓国の会社を通じてマスターフランチャイズとして参入しました(中間フランチャイジーはフランチャイズ運営権を持っています)。 1号店は、スターフィールド コエックスモールのランドマーク、スターフィールド図書館近くにある「スターフィールド コエックスモール」。 パーセント アラビカ コーヒーは次のように説明しています。

コーヒーの価格は安くはありません。 355mlのアメリカーノが5,500ウォン、ラテが6,500ウォン。 同容量のスターバックスのトールアメリカーノ4500ウォン、カフェラテ5000ウォンよりそれぞれ1000ウォン、1500ウォン高い。 パーセントアラビカコーヒーの主力商品「京都ラテ」は、1杯7,300ウォン。

スペシャルティコーヒー市場の競争激化

日本に行ったらこのコーヒーを飲まなければならない...韓国の「Open Run」 [하수정의 티타임]

開店当初は温かい雰囲気。 11日と12日は開場時間の9時前から行列ができていました。 お店の前にはコーヒーを待つ人が1、2時間ほど並びます。 京畿道盆唐区に住むキムさん(20代)は、「友達が海外旅行で飲んだコーヒーがSNSで好評だったのを見て、いつも気になっていた。

国内のスペシャルティコーヒー市場はすでに競争が激化しており、アラビカコーヒーブームが続くとは言い切れないという声もある。 スターバックス「リザーブ(R)」やポール・バセット、ブルーボトルの高級専門店をはじめ、テラローザ、テイラーコーヒー、フェルトコーヒー、フリッツ、センターコーヒーなどの主要ブランドが揃う。 スペシャリティコーヒー市場。

スペシャルティコーヒーとは、米国スペシャルティコーヒー協会(SCAA)によって評価され、標準スコアが80以上の高品質のコーヒーを指します。 また、原産地、品種、加工ルートを正確に追跡できる高品質のコーヒーを意味します。

ハ・スジョン記者 agatha77@hankyung.com

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です