日本と台湾、サムスンの嫌がらせ…ファン・ジョンスの半導体問題考察はここに隠れている

台湾の新竹にあるTSMC本社のロゴ。 新着

「半導体ハネムーン」と呼ばれる台湾と日本の関係は、ますます緊密になっている。 台湾のファウンドリー(半導体の委託生産)であるTSMCは、総工費1兆2000億円(約11兆6000億ウォン)をかけて日本の熊本県に生産ラインを建設している。 日本政府は建設費の 40% を補助します。 4月に着工し、来年9月に完成、2024年末に量産予定。

日本の大手情報技術(IT)企業であるソニーは、TSMC工場の隣に「イメージセンサー」(人間の目として機能する半導体)の生産ラインを建設する計画を立てています。 目標は、TSMCが製造したチップを受け取り、隣接する工場ですぐにセンサーを完成させることです。

最近、TSMC の上級職員が、日本に 2 番目の工場を建設する可能性をほのめかしました。 TSMCのアジア・欧州販売担当上級副社長のホウ・ヨンチン氏は8日の日本のメディアとのインタビューで、「日本に新工場を建設する可能性を排除しない」と語った。西村社長は9日、「TSMCが日本に工場を増設する計画があることを歓迎する。

実際、日本は最先端の半導体工場を建設するのに最適な場所とは考えられていません。 地震多発のため。 地震でキオシアなど日本の半導体企業の生産ラインがストップしそうです。 最近の例としては、3 月にマグニチュード 7.6 の地震が発生し、Kiosia の最先端の NAND フラッシュ生産ラインが汚染されたことが挙げられます。 その結果、Kiosia の NAND フラッシュ出力の 10% が減少したことになります。 Kiosia の市場シェアは、第 1 四半期の 2 位から第 2 四半期には 3 位に上昇しました。

TSMCによる日本での工場建設はAppleに遅れをとっている

しかし、なぜ TSMC は日本での工場建設にこれほど積極的に取り組んでいるのでしょうか? 表面的には、日本政府が配布した巨額の補助金と、長年の顧客であるソニーとの提携が影響していると分析されています。 反対側から見るべきだという意見もあります。 私が最近会った半導体業界の上級幹部は、「TSMCが日本の工場を建設している本当の理由は、『Apple』のためのようだ。

TSMCの売上の大部分を占めるAppleは「No. 1」はお客様です。 昨年、TSMC は TSMC の売上高の約 25% を占めました。 TSMC の観点からすると、Apple は見逃してはならない「大ヒット」顧客です。 TSMC は、Apple の影響を免れることはできません。

Apple は最近、Foxconn などのパートナーに「Leave China」を命じています。 実際、中国共産党の予測不可能な政策により、Apple は近年、いくつかの生産面での後退に見舞われてきました。 典型的な例は、中国政府による鄭州の封鎖により、iPhone を生産するフォックスコンの工場の操業が停止したことです。 Apple は、Foxconn に「主な生産ラインを中国からインドなどに移す」よう要求した。

「中国なんて信じない」…「冷静」へのプレッシャー

Appleからの圧力がTSMCにも作用していると分析されています。 Apple は、iPhone や MacBook の基本的な半導体を製造する TSMC の工場が台湾に集中していることを懸念していることで知られています。 いずれにせよ、TSMC の最先端の工場が中国の侵略によって崩壊した場合、Apple に「壊滅的な」損害を与える可能性があります。

そのため、AppleはTSMCに「台湾を離れて生産拠点を多様化する」よう求めています。 TSMC による日本での工場建設は、Apple のパートナーに対する「デシン」を誘導する方針の延長として分析されています。 これを理解するには、まず TSMC-Sony-Apple につながる三角関係を調べる必要があります。

ソニーの主力製品は、電子機器で人間の目のように機能するイメージ センサーです。 ソニーのイメージセンサーがアップルに供給されています。

アップルのティム・クックCEOが今月中旬、日本にあるソニーの研究所を訪れた。 ティム・クックのツイッター

アップルのティム・クックCEOが今月中旬、日本にあるソニーの研究所を訪れた。 ティム・クックのツイッター

ソニーは、TSMCからイメージセンサーのコアチップを製造しています。 Apple の観点からは、TSMC の工場で問題が発生した場合、ソニーのイメージ センサーにスムーズに電力を供給することができなくなります。 結局、iPhoneの販売は苦戦する可能性が非常に高いです。

そのため、AppleはTSMCに日本に工場を建設するよう圧力をかけました。 TSMC熊本工場が完成する2024年、アップルはソニーの「イメージセンサー」に対する懸念を払拭する。

Appleは、米国製のチップを使用すると述べています

すべての問題が解決されたわけではありません。 Appleが直接開発するiPhoneやMacbook用のAP(アプリケーションプロセッサ)も、台湾のTSMC工場で生産されています。 Apple の PA は、Sony が提供するイメージ センサーよりもはるかに重要です。

米国政府は、アリゾナ州フェニックスに工場を建設するよう TSMC に圧力をかけました。 TSMC の創設者であるモーリス・チャンを含む TSMC の経営陣は、「台湾での生産は有利です。 アメリカに工場を建設する必要はない」とはいえ、アメリカより先に断念。 TSMCは現在、数十兆ウォンを投資してフェニックスに4nm生産ラインを建設中だ。 アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、最近の機器導入セレモニーで工場を歓迎し、次のように述べました。 この工場が完成すれば、アップルは台湾のリスクから逃れることができるでしょう。

アリゾナ州の TSMC 工場での機器導入セレモニーで話す Apple CEO ティム・クック。 新着

アリゾナ州の TSMC 工場での機器導入セレモニーで話す Apple CEO ティム・クック。 新着

さらに驚くべきニュースは、TSMC が米国に別の工場を建設すると発表したことです。 プロセスも 4nm ではなく、最後の 3nm にする必要があります。 ここにもAppleからのたまらない要望が出てくることが予想されます。 半導体業界関係者は「台湾を離れる重荷を負ったTSMCが『アップル』を除いて日米への投資を増やしているとは理解できない」とコメントした。 .

「超大国」アップルと対等な立場で交渉、サムスン電子だけ

Apple のこの強力なスーパーパワーに抵抗できる企業はほとんどありません。 韓国では、Samsung Electronics が Apple と対等な立場で供給を交渉します。 スマートフォン市場ではサムスン電子とアップルが世界一を争っているが、半導体市場では事情が異なる。 Apple は、Samsung Electronics から DRAM や NAND フラッシュなどのメモリ半導体を受け取ります。 もちろん、SK Hynix や US Micron など、Samsung Electronics の代替品もあります。 しかし、「品質」ではサムスン電子が1位であることが知られています。

サムスン電子の半導体工場を自国に誘致しようとする国家間の競争も熾烈だ。 米国、欧州連合(EU)、および日本は、サムスン電子に数兆ウォン相当の現金で「韓国に工場を建設する」よう要請している。 20%以上の税控除も約束されています。

しかし、韓国の状況は違います。 サムスン電子は、京畿道平澤市に第1~3工場を完成させ、第4工場と第5工場の準備作業に乗り出した。第6工場の建設も本格化している。 1工場あたり20兆ウォン以上の巨額を必要とする大規模プロジェクトだ。

半導体産業の振興に全世界が動員…韓国は後退

ユン・ソクヨル大統領は、大企業の工場投資に対する税額控除率を現在の6%から20%に引き上げる半導体特別法を自ら推進した。 自国に投資する企業に25%の税額控除を与えることを決定した米国や、187兆ウォンを投資していた中国に対抗するには、型にはまらない支援策が必要だというコンセンサスが生まれたのはこの時だった。 2025年までに半導体産業を育成する。

結果は「予想以下」。 与野党は 23 日、大企業の税額控除率を 6% から 8% に 2 ポイントだけ引き上げた。 法人税減収に反対した企画財政部と大企業優遇を主張した民主党、そして生ぬるい国民の力が生み出した痛ましい結果だ。

24日午前、国会本会議で2023年度財政法案が可決された。 本堂の扉が閉まる。 新着

24日午前、国会本会議で2023年度財政法案が可決された。 本堂の扉が閉まる。 新着

ヤン代表は別の声明を発表し、「半導体投資税額控除の世界標準は25%だ」と述べた。 グローバルな半導体企業を韓国から追い出す政策だ。 アメリカに工場を作れば25%の税額控除を受けることができるが、韓国に工場を建てたいと思う企業はどこにあるのだろうか。 ヤン議員は「8%の税額控除に戻るのは、前回の大統領選挙の公約を破るようなものだ」とまで言った。

半導体業界からも失望の声が殺到した。 韓国半導体産業協会のイ・チャンハン副会長は、「半導体には戦略的価値があるが、競合他社よりも利点が少ない。

ファン・ジョンス記者 hjs@hankyung.com

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です