日本とドイツ…サウジアラビア後のアジア反乱 [월드컵]

ドイツ戦で後ろからゴールを決めて歓声を上げる日本チーム。 PA連合

このレベルでは、カタールは「驚きの国」と言えます。 今度はドイツが日本に落ちた。

サッカーの日本代表は23日、カタールのアル・ライヤーンにあるハリファ国際競技場で行われた2022年FIFAワールドカップ・カタール大会グループステージのグループEでドイツ代表と対戦し、2-1で勝利した。

前日(22日)、サウジアラビアがアルゼンチンに2-1で勝利した後、今度は日本がサプライズを作った。

日本は、ドイツ、スペイン、コスタリカと並んで、トーナメントの最悪のグループを獲得しました。 しかし、彼は期待を裏切り、初戦で番狂わせを起こした。 2018年ロシアワールドカップで韓国に0-2で敗れたドイツは、今回もアジアに敗れた。

前半7分、日本が先にネットを揺らした。 日本がボールをインターセプトすると、前田大善が伊藤潤也のグラウンドクロスでネットを揺らした。 しかし、副審は旗を上げ、オフサイドと判定した。 日本は好機を逃した。

日本の威嚇的な攻撃が過ぎ去った後、ドイツの一方的な攻撃が本格的に始まった。 ドイツはテンポを殺すことでシェアを大幅に伸ばしました。 日本はボールを取り戻すために最善を尽くしましたが、ドイツのボールキープスキルは素晴らしかったです。

劣勢だったドイツが先制点を奪った。 前半31分、ダビド・ラウムが日本のゴールキーパー権田修一につまずいた。 レフェリーはペナルティを要求した。 キッカーのイルケイ・ギュンドガンがキーパーを捕らえ、得点を挙げた。

ドイツは、日本のハーフからの素早いパスで追加の得点の機会を探していました。 しかし、前半終了間際にカイ・ハベルツのゴールがオフサイドで取り消された。

後半もドイツの一方的な攻勢が続く。 日本は交換用カードを使用して変更を試みましたが、うまくいきませんでした。 後半15分、ギュンドアンの右足シュートがポストを直撃。

日本は堂安律選手や南野拓実選手などのフォワードを投入し、攻撃を強化し続けました。

この交代は、反撃への序曲でした。

後半30分、南野選手のシュートをGKマヌエル・ノイアー選手がブロックすると、堂安選手がシュートで退場。

後半38分、途中出場の浅野琢磨選手がパスを拾い、ストレートで相手DFとの勝負を制し、強烈な右足シュートを放ちゴールを割った。 2対1。ドイツが崩壊したのはその時でした。

主導権を握った日本は、ドイツ軍の攻撃を総攻撃で防ぎ、最終的に初戦を制した。

キム・チャンホン記者 kch0949@kukinews.com 記事を見る

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です