日本が特別オファー…TSMCの求人に「ため息」の理由 : ソウル経済日報

2024年の工場操業に先立つTSMCは、高給の人材を心配している

日本企業は、労働力不足が増加すると言う

日本の九州熊本県にある TSMC の工場敷地内で働くクレーン。 日本経済新聞よりキャプチャー

世界最大のファウンドリー(半導体受託生産)企業である台湾のTSMCが日本に進出したことで、日本企業の人材確保が困難になっていると報じられています。 実際、2024年に日本工場の操業を開始しようとしているTSMCは、日本企業よりも高い給与で大規模な雇用を開始しました。

日本経済新聞(日経)は最近、「シリコンアイランド1200島争奪戦」と題する企画記事を通じて、TSMCの熊本県進出が九州の人材需給を揺るがしていると指摘した。

日本領土の四つの中心軸の中で最も南にある島である九州は、1980 年代には国内の半導体生産量の約 40% を占め、「シリコン アイランド」と呼ばれ、かつては日本の半導体の前哨基地でした。

TSMCは熊本工場で2024年末から22~28ナノメートル(1ナノメートル=10億分の1メートル)プロセスの半導体製品を生産する計画だ。

TSMC はまた、熊本新工場に必要な投資額を 8,000 億円から総額 9,800 億円 (約 9 兆 3600 億ウォン) に引き上げた。

TSMC が日本への投資を決定した理由は、日本政府の全面的な支援です。 実際、日本政府は、新工場に必要な資金のほぼ半分である 4,000 億円の補助金を計画しています。

日本政府から見れば、チップ不足が続く中、半導体を安定的に調達するためにTSMCは絶対に必要です。

確かに、日本政府は半導体王国の再建を目指しており、そのためには半導体のサプライチェーンを確保する必要があります。

日本企業も、TSMC の誘致が半導体産業を後押しできることを認識している。 しかし、人手不足に悩むこのご時世、泣くしかありません。 実際、TSMC は高給の人材に関心を持ち始めています。

日本経済新聞によると、TSMCの年俸は来年春入社予定の大卒者28万円(約268万ウォン)、修士32万円(約306万ウォン)、修士36万円(約345万ウォン)。博士号を取得しました。

昨年4月に熊本県が50人以上の197事業所を対象に行った調査によると、地元の大卒者の平均初任給は19万4443円、500人以上の大規模事業所は20万9730円だった。

熊本県の半導体製造装置を製造する業界の経営者は「TSMCの年収はかなり高い」とし、「人材の確保が急務。

半導体以外の産業でも人手不足が深刻化することが予想されます。

福岡県の自動車会社関係者は「まだまだ人手不足だが、TSMCが本格的に進めば、採用はさらに難しくなる可能性が高い。

しかし、外国人労働者に頼るのは難しい。 実際、半導体業界は技術流出を懸念して外国人人材を敬遠する傾向にある。

1兆円規模の投資による景気回復への期待と、人材確保への懸念が共存していることを意味する。

< Détenteur des droits d'auteur ⓒ Seoul Economic Daily, réimpression et redistribution non autorisées interdites >

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。