政府は「福島の汚染水排出に対する日本の許可を心配している」 – 政治ニュース | 新着

政府は22日、原子力規制委員会が福島第一原子力発電所の汚染水を海に放出する計画を正式に承認したことについて、日本に懸念を表明すると発表した。

政府は同日、ソウル政府総合庁舎で「福島原子力発電所からの汚染水の海への流出に対応するための関係省庁との会議」を緊急に開催し、議長はギュ・ビジット・キュ・オブ・オフィスの責任者でした。政府の政策調整、および議論された対策。

日本の福島県にある原子力発電所。 (写真=著作権者 (c)共同通信・聯合ニュース 無断転載・再配布禁止)

日本の原子力規制委員会は同日、東京電力の「福島原子力発電所の海洋汚染水排出施設の設計・運用計画」を発表した.ALPSで処理し、海水で希釈して海洋に排出する必要があった. 承認済み。

このクリアランス後、日本は、汚染水に含まれる放射性核種の再分類と放射線影響評価の再実施、汚染水処理施設の運転計画の補足と事前準備など、実際の放出前のすべての手順に従う。施設の使用検査。 発表

政府は会談で、「国民の健康と安全を第一に考え、内外で最善の対策を講じる」とのこれまでの立場を再確認した。

したがって、政府は、二国間通信および協議チャネルを通じて、海洋流出の潜在的な影響について日本に懸念を伝え、韓国政府に十分な情報を提供して独自の安全性レビューを行い、水の安全な処理に責任を持って対応するよう要請しました。核エネルギーによって汚染されています。 植物。 することにしました

政府は、国際原子力機関(IAEA)と引き続き協力して、海洋排出量の科学的かつ客観的な検証が行われ、汚染された水が法と基準に従って処理されるようにする予定です。

これと関連して、昨年 7 月から韓国原子力安全技術研究院のキム・ホンソク博士が IAEA の 11 カ国の専門家からなる監視グループに参加し、昨年 3 月からは韓国安全技術研究院が参加しました。米国およびスイスとのALPS処理水検証において。

政府はまた、海上放射線モニタリングシステムを拡大し、関連情報を透明に公開することにより、国民とのコミュニケーションを強化する計画です。

海水中の放射能(セシウム、トリチウム等)、海洋生物及び海水中の堆積物、港湾、沿岸及び沿岸海域の海洋生物及び堆積物等の観測点を拡大し、1~2回まで調査を実施します。月。

また、未来創造科学部と海洋水産部は、このプロジェクトを通じて、日本の原子力発電所からの汚染水の放出が韓国の水域に与える影響を海洋拡散シミュレーションを通じて検証する計画だ。

また、輸入水産物の流通履歴の把握や原産地管理対象魚種の拡大等、水産物の安全管理を強化する。

政府関係者は「国民の健康と安全、海洋環境を守るために必要な措置を講じるため、政府は引き続き全力を尽くす」と強調した。

お問い合わせ先 公共政策調整室 社会調整室 雇用・食品医薬品政策室 044-200-2380

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です