政府「日本の福島から汚染水を放出する許可について懸念を表明」 – ポリシーニュース | ニュース

政府は22日、福島原子力発電所の汚染水を海洋放出する計画を正式に承認した原子力規制委員会の決定に対し、日本国内で懸念を表明すると発表した。

政府は同日、ソウル政府総合庁舎でパン・バンギュ政府調整室長が議長を務める「福島原発汚染水海洋流出対応関係省庁会議」を緊急開催した。政策、および議論された対策。

日本の福島県にある原子力発電所。

同日、原子力規制委員会は、福島原子力発電所の汚染水処理を計画する東京電力の「福島原子力発電所汚染水海洋処理施設の設計・運用計画」を公表した。多核種除去システム(ALPS)を備えたプラントを海水で希釈してから海洋に放出します。

この承認後、日本は実際の放出の前に、汚染水に含まれる放射性核種の再分類、放射線影響評価の再実施、汚染水施設の運転の補足および事前の処理などのすべての手続きを経る予定です。施設の使用検査。 発表。

政府は会談で「国民の健康と安全を第一に考え、内外で最善の対策を講じる」との立場を改めて確認した。

したがって、政府は、二国間通信および協議チャネルを通じて、海上投棄の潜在的な影響に関する懸念を日本に伝えており、韓国政府に、安全性に関する独自のレビューに必要な十分な情報を提供し、安全な処理のために責任を持って対応するよう要請しています。原子力発電所で汚染された水。 することにしました。

政府は、国際原子力機関(IAEA)と引き続き協力して、海への放出の科学的かつ客観的な検証を提供し、国際法と基準に従って汚染水を処理することを計画しています。

この点、韓国原子力安全研究院のキム・ホンソク博士は、昨年 7 月から 11 カ国の専門家で構成される IAEA の監視作業部会に参加しており、昨年 3 月から韓国原子力安全技術研究院は、米国およびスイスとの ALPS 処理水検証に参加しました。

政府は、海洋放射線モニタリングシステムを拡大し、関連情報を透明に公開することで、国民とのコミュニケーションを強化する予定です。

港、海岸、沿岸および近海の海水、海洋生物、海底堆積物中の放射能(セシウム、トリチウムなど)の監視ポイントを拡大し、月に 1 ~ 2 回程度の調査を実施しています。

さらに、科学技術情報通信省と海洋水産省は、シミュレーション高度化プロジェクトを通じて、原子力発電所からの汚染水の日本の海洋放出が私たちの水域に及ぼす影響を検証することを計画しています。

また、輸入水産物の流通履歴を報告し、原産地管理対象種を拡大することにより、水産物の安全管理を強化する。

政府関係者は「韓国政府は引き続き、国民の健康と安全、海洋環境を守るために必要なあらゆる措置を講じるために最善を尽くす」と強調した。

お問い合わせ先 政策調整室 社会調整室 雇用局 食品医薬品局 044-200-2380

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です