憲章だけが消える…日本政府が研究を開始

ソウルの証券会社に売却通知が表示されます。 /写真=聯合ニュース

隣国である日本は、韓国で徐々に地位を失っている「伝貰制度」に関心を持っています。 最近、日本政府は一般の人々の住宅の安定化効果に注目して、伝貰システムの研究を開始したことが知られています。

第1次不動産業界によると、日本の国土インフラ運輸省は最近、日本の不動産政策に関する研究機関にチャーター制度の分析を依頼した。 これは、韓国独自の伝貰制度をよりよく理解するためです。

業界では、日本政府が国の不動産政策に関心を持つことは非常に珍しいことです。 彼は国の政策に焦点を当てていなかったので、研究は単に理解を促進するのではなく、一般の人々の住宅コストを削減する効果に焦点を当てていると分析されています。

業界関係者は、「日本は国内の不動産市場にあまり関心を示さなかった。国内システムの分析を求めること自体は珍しい」と述べた。 「過去に存在した伝貰制度についての理解を深める理由はない。住宅費削減の効果を分析し、現地での利用の可能性を評価することを目的としている」と述べた。

伝貰は税金や月額家賃がないので入居者にとって有利なシステムです。 敷金は契約終了時に全額返金されるため、月額賃料が100%の日米の住宅賃貸市場に比べて、入居者の負担が少なくて済みます。 「発展途上国の民間金融制度」としての批判もあるが、庶民の住宅安定の恩恵は大きいというのが普遍的な評価である。

東京、日本のシティビュー。 写真=ハンギョンDB

東京、日本のシティビュー。 写真=ハンギョンDB

実際、日本の東京の場合、住宅費の負担は非常に高いです。 日本最大の不動産会社であるSUUMOによると、東京の23区の平均月額家賃は81,001円(約784,000ウォン)です。 ただし、1ベッドルーム込みの価格で、居間、キッチン、バスルーム、3ベッドルームの「3LDK」の場合、28万円(約270万ウォン)になります。 その結果、「家計収入の3分の1が月額家賃に使われている」との意見が入り混じっている。

日本に比べて韓国の住宅費負担は比較的少ない。 4月のソウル伝貰のアパートの平均価格は6億7569万ウォンだった。 5年前の2017年の4億2,439万ウォンから約59%急増したが、月額住宅費は日本より安い。 商業銀行からの伝貰ローンの低金利は年間3.53%です。 ソウルの伝貰平均価格で全額融資しても、1年間の利息は約2360万ウォン、月額約197万ウォン。 自分のお金で保証金を賄い、融資額を減らすと、利息がさらに減額されます。

住宅産業研究所所長のソ・ジョンデ氏は、「アパートの民家の生活費を100とすると、伝貰は50前後、月額家賃は110前後だ」と述べた。 家を買う可能性を減らし、経済危機のショックを吸収することは困難です。 「伝貰はホームレスのための住宅のはしごを登るためのはしごです」と彼は指摘しました。

月額家賃に比べて住宅費が安い伝貰制度ですが、韓国では避けられません。 国土交通省によると、4月には全国で月額258,318件のチョン氏の賃貸取引が完了した。 そのうち、月額家賃13,295件が全体の50.4%を占めています。 伝貰の割合は49.6%(12,823件)に減少し、関連する統計が2011年に収集されて以来最低となった。

国土交通省は、伝貰の割合が減少した理由として、2020年7月に導入された「リース3法」を挙げた。 第3次借家法の施行以降、賃貸借の更新権を利用して既存住宅に住み続ける借家人が増え、伝貰物件が差し押さえられた。

2020年7月、国民の力の本会議で、尹喜晃(ユン・ヒソク)代表が第3回賃貸法に反対する演説を行う。  /写真=聯合ニュース

2020年7月、国民の力の本会議で、尹喜晃(ユン・ヒソク)代表が第3回賃貸法に反対する演説を行う。 /写真=聯合ニュース

伝貰制度は、テナント法3が導入されたときでさえ論争の的となった。 当時、未来連合党(現人民権)のユン・ヒソク議員は、「私は借家人だ」と言って、第3借借法に反対する演説をした。お金と利子、そして借家人はそれを使って家を保存して購入しました。 これまでのところバランスが取れていますが、この法律(賃貸法3)により、私たちは絶滅への道を早すぎることを余儀なくされました。

この議論に対して、与党民主党のユン・ジュンビョン議員は、「伝貰が月額家賃に転嫁されるのは悪い現象だろうか。 そして「伝貰は自然に消える運命にあるシステムです。 同党のソ・ビョンフン議員も「憲章制度は韓国などにしか存在しないのに、なぜ普通の人が苦しむのだろうか」と述べた。

尹錫淵(ユン・ソクヨル)政権は、第3回借地法の改正を予見している。 第一に、先月末に終了する予定だった月額家賃申告制度のオリエンテーション期間がさらに一年延長された。 また、固定資産税の減税や免税など、家主にインセンティブ(給付)を与える予定です。

これについて、元喜龍国土交通部長官は先月の記者会見で、「下半期の需給不均衡懸念に対する予防策を検討している」と述べた。

一方、国土交通部は、韓国の日本大使館に国内憲章制度の分析の理由を尋ねたが、返答はなかった。

オ・セソン、Hankyung.comの記者sesung@hankyung.com

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。