慶尚南道、日本の愛知県、航空宇宙産業で協力する方法を協議

慶尚南道(パク・ワンス知事)は、愛知県マリオット名古屋のコートヤードで開催された韓日航空宇宙産業フォーラム及び協議会(愛知県)で、韓日航空宇宙産業の共存方案について協議したと発表した。 22日、日本の県。

このイベントは、韓国の航空宇宙生産の 68% を占める慶尚南道が、日本の航空宇宙産業の売上高の 50% を占める愛知県と相互協力を提案した際に、いくつかの議論の末に実現しました。 6月には、両国間のビジネスをマッチングするためのビジネス需要調査が実施されました。

名古屋、慶尚南道、愛知県の韓国総領事館が共催したこのフォーラムと会議には、キム・ビョンギュ、慶尚南道経済副知事、パク・ソンチョル、名古屋領事が出席しました。大村英明愛知県知事 午後は韓日航空宇宙産業フォーラムで始まり、終わりました。

個別商談会は、慶南テクノパーク、KOTRA名古屋貿易センター、愛知・名古屋航空宇宙コンソーシアムが共催し、慶南航空宇宙企業4社(大化航空、C&R、A​​ST、AHストラクチャー(オンライン))と日本が共催した。航空会社。 宇宙企業(大同特殊鋼、旭金属、岡谷鋼機など12社)による1:1の会議が開催され、この会議では輸出入、技術交流、連携に関する様々な協議が行われました。

フォーラムには、韓国と日本の航空宇宙産業関係者 70 人以上が出席し、パク ソンチョル名古屋大韓民国総領事、大村秀明愛知県知事、キム ビョンギュ愛知県副知事の開会の挨拶がありました。慶尚南道の経済問題、慶南 TP の航空機産業支援グループの責任者である Eun-kyun Lee 教授と、航空宇宙コンソーシアム愛知名古屋の代表である松川典康は、日本における韓国航空宇宙企業の状況と展望を紹介しました。

このイベントでは、慶南と愛知県の航空産業の現状とコロナ後の航空産業の発展の方向性について様々な議論が行われました。

キム・ビョンギュ慶尚南道副知事はイベント直前に愛知県庁を訪れ、古本愛知県副知事と会談し、慶尚南道と愛知県の航空宇宙産業における相互協力について協議した。

愛知県は日本最大の航空宇宙産業であり、スバル、カワサキ、三菱などの世界クラスの航空会社の本拠地です。

キム・ビョンギュ経済担当副知事は「慶南は韓国航空宇宙産業の最大のハブであり、愛知県と共通点が多いのは韓国航空宇宙産業(株)があるからだ。 ハンファエアロスペースなど . 「それは開発の機会になるでしょう。」

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。