尹岸田 2年9ヶ月間だけ話した…韓日国交正常化への道

大統領府の「紛争解決に向けた第一歩」の評価…国際社会の連帯と北朝鮮の核協力に関するコンセンサス
激しい痛みの後、これを達成することは困難でした…過去には議論できない「起爆装置」の限界

尹石烈(ユン・ソクヨル)大統領と日本の岸田文夫首相が21日(現地時間)に行った「ニューヨーク大統領」は、韓韓関係の修復と発展に向けた対話の扉を開いたという点で意義深い。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三首相が2019年12月に中国の成都で会談して以来、2年9カ月ぶりに尹大統領の就任以来初の二国間会談となった。

大統領府の高官は、会談直後の地元プレスセンターでの記者会見で、「最も重要なことは、首脳間のコミュニケーションを継続し、外交当局間の対話を加速するという合意があったことだ」と語った.

関係者は「韓日間にさまざまな対立があるにもかかわらず、両首脳が会談し、解決に向けた第一歩を踏み出したことは意義深い」と付け加えた。

両首脳は、両国間の関係改善の必要性についてコンセンサスを確認した一方で、外交官間の協議チャネルの定期化などのフォローアップ措置が目に見える可能性があるという慎重な見通しもある.

文在寅(ムン・ジェイン)氏は、前政権下で韓日関係が大きく悪化したとの認識の中で、尹大統領が国交正常化を強く望んで会談を行ったという分析が有力である。

ユン大統領は先月の解放記念日の祝辞で、日本を「世界市民の自由を脅かす課題に立ち向かうために協力しなければならない隣国」と定義した。

また、「金大中・小渕共同声明」の継承を宣言し、これに基づいて韓日関係の早期再開と発展を推進する意向を明らかにした。

この宣言には、1998 年 10 月に金大中大統領と日本の小渕恵三首相が発表した「21 世紀に向けた新しい韓日パートナーシップの共同宣言」のような前向きな内容が含まれています。

尹大統領は、国際社会が直面している複雑な危機を克服する方法として、韓日関係の再開に言及した。

これは、自由民主主義国家間の連帯の重要性を強調すると同時に、インド太平洋地域の安定のための韓国、米国、日本の間の 3 カ国協力と協力を促進するためのものです。

大統領府のイ・ジェミョン副報道官は書面ブリーフィングで、「両首脳は国際社会と連帯して協力し、普遍的な価値を維持することに合意した」と述べた。

地域の安全保障にとって最大の脅威と見られている北朝鮮の核問題への対応における協力も重要な議題として浮上した。

李首相は「北朝鮮の核計画について深刻な懸念を共有しており、国際社会と緊密に協力して対処することに合意した」と述べた。

しかし、一部の見通しでは、対話開始後の任期中に両首脳が実質的な関係改善を実行できるかどうかを判断するのは難しい。

その最たる例が、首脳会談の決着まで、両国が前代未聞の「旗の戦い」という極限の苦痛を味わったことだ。

これに先立ち、大統領府の高官は15日の記者会見で、韓日首脳会談との関連で「今回は会ってよかったと同意する意思があった」と明らかにした。

その後、日本側は、韓国側が会談開催を先制公開したことに不満を表明した。

岸田総理が前日、「こうなれば逆向きに会わない」と発言したことは日本のマスコミで報道され、大統領府は「事態の収拾」を続けてきた。 “コメントはありません”。

韓国に根強い反日世論や、日韓関係改善に消極的な与党・自民党の声も克服しなければならない大きなハードルだ。

特に、強制労働補償などの過去の問題は、両国間の交渉を長期化させる「おまけ」として挙げられている。

韓国と日本の外相は 19 日にニューヨークで会談し、この問題について意見を交換したが、両首脳は詳細な議論には至らなかったと報じられている。

大統領府の高官は電話で、「今日の韓日首脳会談で、過去の問題を議論する場も状況もなかった」と述べた。

しかし、彼は「これは新たなスタートだ」と強調し、「両首脳に会っただけで多くの変数と障害を克服したので、私は休憩を取った」と述べた.

/ユンハプニュース

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。