外交 : 政治 : ニュース : ハンギョレ

パク・ジン外相は30日、ソウル政府庁舎の別館で国会の弾劾案採択に対する立場を表明している.

パク・ジン外相は、国会の解任案の採択を「対立」と呼び、辞任する意思はないことを明らかにした。 朴長官は30日午前、ソウル鍾路区の外交部で自主記者会見を開き、「昨日、国会で弾劾案が可決された。 外務省としても初めてですし、個人としても初めてです。 彼は、「外交は国益の限界線です。 朴長官は、「外交は国益のために超党派でなければならないと確信している。尹石烈(ユン・ソクヨル)大統領の今回の訪問は『外交災害』だという野党の主張には同意できない」と述べた。 彼は「イギリスのエリザベス2世女王の葬式と国連総会で敬意を表し、ユン・ソクヨル政府の包括的なビジョンを宣言したことで多くの拍手を受けた. また、米国のジョー・バイデン大統領や日本の岸田文夫首相などの首脳とも有意義な会話を交わした」と語った。 朴長官はまた、「世界はユン・ソクヨル政府の外交と全方位的なビジョンを評価しているが、国内の政治家だけが政党戦略を提唱している。政府の非難に耳を傾ける」と続けた。国益のためにより良い外交を行うための要求としての反対。 ユン・ソク大統領のニューヨーク訪問中の「冒涜論争」に同席していたパク長官は、これに関する質問に「私は」と答えた。米国ニューヨークでのグローバルファンドイベントを去った後に私が行ったすべての表現を言うつもりはありません.」 「それで私は大統領に言った。『それが採択されるように国会によく説明する』と。それは米国に関するものではなかった」と彼は付け加えた。パク氏は「冒涜論争で混乱が生じたことについて、大統領に謝罪する必要性を示唆した」とし、「大統領府の関係者に説明した。 今こそ、善悪よりも優れた国益外交について考え、反省する時です。 金晋杓(キム・ジンピョ)国会議長の辞任案については、「党が決めることだ。 「内容はわかりません」とのことでした。 チョン・インファン記者 inhwan@hani.co.kr

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です