外交 : 政治 : ニュース : ハンギョレ新聞

ハイライト「北朝鮮の核危機の解決と米中紛争への関与の可能性に焦点が当てられていないことへの懸念」

ASEAN+3首脳会議に出席したユン・ソクヨル大統領、ジョー・バイデン米国大統領、日本の岸田文夫首相が13日(現地時間)、カンボジア・プノンペンのホテルで韓米首脳会談を行っている。 プノンペン/ユン・ウンシク上席記者 yws@hani.co.kr

尹錫烈(ユン・ソクヨル)大統領が東南アジア訪問(11-16)で「韓国版インド太平洋戦略」を強調したことで、外交政策が北朝鮮の核問題に背を向ける恐れがある。 韓国の直接の国益とはかけ離れた紛争に巻き込まれる可能性が高まっているという指摘もある。 ASEANとのG20サミットで、尹大統領は前回の訪問で韓米日の共同プノンペン声明に同意するなど、「北東アジア」よりも「インド太平洋」を繰り返し強調した。 ユン大統領は、最初の訪問先であるカンボジア・プノンペンで開催された「ASEAN・韓国首脳会議」で、「我々はインド太平洋時代に生きている」と述べた。 そして、世界の海上輸送の半分がこの地域を通過している」とインテ戦略を提示した。ユン大統領は、プノンペンからの共同声明で、北朝鮮による弾道ミサイル発射と軍事力強化への非難を盛り込むと同時に、しかし、彼らはまた、南シナ海韓国における航行の自由を含む中国の封鎖に焦点を当てた米国と日本の利益についても合意し、インド・タイ地域の現状を変える試みに反対し、台湾海峡の平和と安定の維持 北朝鮮の核問題が深刻化し、北朝鮮の7回目の核実験が差し迫っているとのうわさが出ている中、韓国の外交力は台湾海峡の領土紛争でも散逸する恐れがある。南シナ海か韓国が直接の当事者ではない台湾での武力紛争。 「北東アジア」からインド太平洋への関心のシフトは、外務省の移転にも見られる。 今回、尹大統領が発表した人道戦略は、文在寅(ムン・ジェイン)政権が推進する「北東アジアプラスの責任ある共同体」に取って代わる性格を持っている。 北東アジア アカウンタビリティ プラスの共同体は、アジアに焦点を当てた外交戦略であり、北東アジア平和協力プラットフォームと新南北政策という 2 つの柱があります。 つまり、朝鮮半島問題の解決は、当事国ではなく域外に分散してしまったのである。 外交部が17日、民主党の金相熙(キム・サンヒ)代表事務所に提出した「北東アジア平和協力綱領」関連資料によると、外交部はこの綱領の名称を変更した。 8月の「東アジア協力フォーラム」で組織化。 外務省は名称変更により、パートナー国の範囲を「韓国、北朝鮮、ロシア、モンゴル、中国、日本、米国」から南アジアの東、インド、太平洋諸島に広げた。 このため、インド太平洋地域への外交的関心のシフトが、北朝鮮の核問題の解決から関心をそらしているという指摘もある。 イ・ヘジョン中央大学教授は「朴槿恵(パク・クネ)政権の『北東アジア平和協力イニシアチブ』や『ニュー文在寅政権の「北方戦略・新南方戦略」には、韓国外交が朝鮮半島周辺に地政学的戦略を持ち込む余地があった。 彼は「インド太平洋戦略を推進する尹錫烈(ユン・ソクヨル)政権の外交政策は、朴槿恵(パク・クネ)政権に比べて外交の選択肢を狭める側面がある」と解釈した. .kr

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です