国連:北朝鮮は制裁を回避し続けている…「サイバー攻撃は数億ドルを盗む」

国連安全保障理事会制裁委員会の専門家パネルによると、北朝鮮はすでに今年半ばに年間制限に近い石油を輸入した。 さまざまな違法手段を使って石油や石炭の取引を続けているとされており、かつて韓国の国旗を掲げていた船舶がこうした活動に関与しているとの指摘もある。 北朝鮮はまた、今年だけでもサイバー攻撃で数億ドルを盗みました。 ハム・ジハ記者が報告する。

パネルは、船を使った北朝鮮からの違法な石油輸入が増加し続けていると指摘した。

委員会は7日に発表された中間報告書で、「国連加盟国は、2022年1月から4月の間に27回、南浦施設に精製油を運ぶ16隻の北朝鮮のタンカーを示す衛星写真を受け取った」と述べた。

彼はまた、写真は北朝鮮が南浦に458,898バレルの精製油を導入したことを示しており、これは北朝鮮への年間許可輸入量の90%に相当すると指摘した.

以前は、2017 年の国連安保理決議 2397 により、北朝鮮が持ち込める石油の量が年間 50 万バレルに制限され、各国はその数値を毎月報告する必要がありました。

しかし、説明によると、わずか4か月で、1年間の猶予はほぼ完全に満たされました。

一方で、今年7月に公式発表された精製油量は50万バレルの約8.15%で、輸入量とは大きな差があることが浮き彫りになった。

これに先立ち、VOAは、北朝鮮の精製油供給を報告した国は中国だけであり、北朝鮮に報告した精製油は、アスファルト原料である石油瀝青や潤滑油などの不燃性燃料油のみだったと報告した。

これは、8.15%という公式数値でさえ、北朝鮮に輸入された精製油の実際の量を反映していない可能性があることを意味します。

新たな積み替え地となった北朝鮮の朝鮮湾、西海地域で拿捕された船舶間の積み替えの様子も報告書に含まれている。

北朝鮮の南浦近海で船を積み替える 3 隻の船。 その中で、真ん中の船はクレーンを積んだはしけです。 出典 = 国連専門家パネル

専門家委員会は、2~3隻の船が衝突した場面の衛星画像を公開し、3隻の場合、そのうちの1隻がクレーンバージだった可能性があると述べた。

これは、北朝鮮が西海で石炭などの重量物を積み替えたことを示唆している。

パネルは、長島近辺での船から船への積み替えが、今年5月を含めて数回確認されたと述べた。 これは、VOA がこの地域で疑わしい積み替え活動を検出した時期と幾分一致しています。

以前、VOA は今年 4 月から最近までの「Planet Labs」からの衛星画像を分析し、北朝鮮の朝島付近で少なくとも 18 の疑わしい船から船への積み替えを検出しました。

パネルはまた、中国近海での積み替え活動にも注意を払った。

特に、北朝鮮の船舶が過去に頻繁に現れた寧波・舟山海域に加えて、黄華、渤海、連雲港のマリーナで石炭の荷揚げが行われていると彼は述べた。

かつては韓国の旗を掲げていたが、現在は北朝鮮の主要な制裁船となっているNew Conkは、台湾のWu Chu島近くの海域で捕獲された. 出典 = 国連専門家パネル

かつては韓国の旗を掲げていたが、現在は北朝鮮の主要な制裁船となっているNew Conkは、台湾のWu Chu島近くの海域で捕獲された. 出典 = 国連専門家パネル

「ニューコンク」が現在も公海を航行しているシーンもレポートに含まれています。

パネルは、昨年9月、ニューコンクが台湾のウーチュ島近くの水域から北朝鮮の西海への移動の記録を、別の船の番号Maritime Service Identification(MMSI)で残したと述べました。

New Conkは、専門家パネルが過去3年間で最も注目したタンカーであり、公海上での船舶間の積み替えや偽の電話番号の送信など、さまざまな違法行為に関与しています.

現在、ニューコンクの出荷は不明ですが、深刻な違法行為に関与する前に韓国の旗を掲げたのは韓国の船でした。

ニューコンク号が2019年に韓国を出港した際、次の寄港地は「北朝鮮」と記載されていましたが、制限がないことが明らかになりました。

パネルは、北朝鮮による中古船の購入が続いており、2020 年から 2022 年の間に合計 14 隻の船が北朝鮮の所有で誕生したと指摘した。

彼はまた、加盟国に対し、販売される船舶の最終目的地とユーザーの詳細、および船舶ブローカーの身元と以前の取引の記録を船舶販売業者を通じて確認するよう助言しました。

このレポートでは、北朝鮮による仮想通貨取引所へのサイバー攻撃も大きく取り上げられました。

専門家委員会によると、当時の北朝鮮の資産は約 6 億 2,500 万ドルで、これには 173,600 ETH と、ビデオ ゲームを実行した「Ronin Network」の 2 億 5,500 万ドルのイーサリアムが含まれていました。

さらに、今年の 6 月 23 日に、ブロックチェーン テクノロジー企業である Harmony は、同様のサイバー攻撃で 85,800 イーサ (ETH) が盗まれたと発表しました。 それは現金で100万ドル以上です。

この中で、パネルは、北朝鮮への高級品の流入が続いていると述べ、例として北朝鮮で見つかったハイエンドのプロ用カメラ、酒、コーヒーを紹介しました。

彼はまた、北朝鮮当局者が、2015年から2021年の間に生産された日本のSUVである三菱パジェロを使用し、北アジアと中東で販売され、調査が進行中であると述べた.

専門家委員会の主な任務は、北朝鮮に対する制裁違反の事例を調査し、制裁の実施に関する情報を収集して分析することです。

アメリカ、韓国、中国、日本、イギリス、フランス、ロシア、シンガポールの8カ国から派遣された8人の専門家で構成されています。

今回の流出文書は、毎年8月と9月に発行される中間報告書で、今年は370ページにも及ぶ雑事が含まれています。

VOAニュースのジハ・ハムです。

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です