史上最低の人気日本株










史上最低の人気日本株
[파이낸셜뉴스] 歴史的な低水準の円に加えて、日本の株式市場は安定した流れを示し、国内投資家の関心を集めました。

韓国証券保管振替機構によると、11日、先月1日から31日までの日本株の純買値(買値-売値)は、946万3801ドル(約130億8370万ウォン)だった。 これは、7 月の 711,2906 ドルから 33% の増加です。

日本株の買い越しは、5 月と 6 月にマイナスだったが、7 月以降は再び上昇している。

8月の取引高は、売買数を含めて9,740で、2011年以来最高でした。

円ドル相場は 1998 年 8 月以来初めて 140 円台に達した。日本の日経 225 指数は 8 月に 1.04% 上昇した。

今月8日、日経225指数は今年に入って各国の主要指数が急落したため、年初比2.52%の下落にとどまった。

最近のレポートで、韓国投資証券は、日本の株式市場には上昇の可能性が比較的小さいが、米国や欧州に比べてボラティリティは限定的であると示唆し、米国と同じレベルで9月にその魅力を示しました。

韓国投資証券のチェ・ボウォン研究員は、「日本では、各国の金融政策決定会合を前に、円安圧力が高まるだろう。 それは必要です」と彼は分析しました。

psy@fnnews.com パク・ソヨン記者








Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。