原爆の痛み… 朝鮮人被爆二世の有病率が高い

文部省の報告…「喘息とアトピーの有病率は一般人口の最大8倍」
うつ病と自殺念慮の割合が高い「健康診断のサポートと意識の向上が必要」

ある調査によると、1945 年に日本に原爆が投下された韓国人 2 世は、一般の人々よりもさまざまな病気やうつ病にかかりやすいことがわかりました。

初代の肉体的・精神的ダメージが子孫に引き継がれるため、子孫への支援と意識の向上が必要であることが強調されています。

韓国保健社会研究院(韓国)の学術誌「健康社会科学研究」の最新号に掲載された報告書「未完の苦しみ:原爆被爆二世の健康レベルに関する研究」によると、健康福祉研究所)が24日、2世代目の犠牲者の健康度は一般人口集団とほぼ同じ。 に比べて良くなかった

韓国防事研究所のイ・ナギョン研究員とジョンヨン研究員は、2019年に全国の748人の原爆被爆者2世にインタビューし、同年の国民健康・栄養調査結果と比較した。 .

ぜんそくの場合、第 2 世代原爆の被爆者は一般人口の男性で 8.4 倍、女性で 6 倍、アトピー性皮膚炎の患者数は一般人口の 5 倍、女性で 7.4 倍でした。それぞれオスとメス。

甲状腺疾患と関節リウマチの場合、第 2 世代の犠牲者の有病率は 2.8 倍から 4.6 倍高かった。

原爆の痛み…"韓国人被害者二世、有病率が高い"

また、被爆二世で自身の健康状態について「悪い」と答えた割合も、男性35.2%、女性42.6%で、12.3%、16.6%の2倍から3倍。一般人口の。

健康上の問題による活動制限の割合とベッドの不快感の割合は、2 歳の犠牲者の少なくとも 2 倍でした。

メンタルヘルスも脆弱で、被害者二世のうつ病発症率は男性22.1%、女性24.3%で、一般の男女7.8%、11.2%の2倍以上。

過去1年間に自殺を考えたことがあると回答した被害者は、男性2世の男女12.4%、女性12.5%で、一般の男女の3倍(3.7%、4.0%)でした。

医療が必要なときに医療を受けられなかったという不満足な医療サービスの割合も、2 世代の被害者グループで 2 ~ 3 倍高く、2 世代の被害者の 28.6% と一般人口の 19.3% がそうであると回答しました。 「経済的な理由」で。

著者らは、「被爆二世の健康状態は、一般の人よりも全般的に悪く、さまざまな指標で一貫して確認されている。比較するのは難しい」と断言した。

「2世の子どもたちの場合、遺伝的影響が明確に証明されていないため、韓国と日本政府の支援から除外されています」原爆被害に対する社会的関心と認知度の向上を図る。

/ユンハプニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です