半導体に関する法律の採決にIT勢力… ラリーは続くのか?

過去 1 か月間のニューヨーク株式市場の上昇により、情報技術 (IT) 業界に対する国内の投資家心理が活況を呈しています。 実際、IT 企業は、米国債利回りの低下と半導体法成立のニュースを受けて勢いを増しています。 専門家は、残りの収益シーズンと金利の方向性に注意を払いながら、慎重にアプローチするようアドバイスしています。

来週、上場企業の決算発表が行われる中、7 月の消費者物価指数 (CPI) が発表されます。 米国連邦準備制度理事会 (FRB) が 2 か月連続で主要金利を 0.75% 引き上げたことで、市場は CPI 指標が将来の金利上昇率を決定する役割を果たすと考えています。

/Graph=ビジネスインテリジェンス

コンピューター業界は、半導体法の可決で勢いを増す

7 月のニューヨーク証券取引所は 6 月の安値から約 12% 急上昇し、夏の終わりの上昇を示しています。 これは、第 2 四半期の業績が予想を上回ったことによるものです。 KB証券によると、S&P 500企業の70.5%が今四半期、市場のコンセンサスを上回る1株当たり利益(EPS)を報告した。

今週はフラットゾーンに突入。 4日終値のダウ工業株平均は7月末から0.36%安。 S&P 500 は 0.52% 上昇し、ナスダック総合は 2.66% 上昇しました。

景気後退への懸念がインフレショックよりも強く反映されたため、金利の安定化はハイテク株にとって恩恵でした。 世界市場の長期金利のベンチマークである10年物米国債の利回りは、6月中旬に3.4%に上昇したが、現在は2.6%に低下している。 1カ月半ぶりの高値から0.8ポイント下落。

特に、半導体法と科学支援法案成立のニュースは、コンピューター業界の株価を押し上げた。 先月28日の休会直前に米国下院を通過したこの法律は、半導体を含むさまざまなハイテク産業の発展に約2,800億ドルを投資することを目的としています。 韓国、米国、日本、台湾が参加するChip4アライアンスの同盟を強化しなければならない。

その結果、国内投資家によるハイテク株への投資も増加しました。 証券保管振替機構セーブブロによると、韓国の投資家は5月1日から5日まで、コンピューター会社のインテルを1524万ドルで購入し、米国株の購入額としては3番目に大きかった。 さらに、彼はコンピューター会社の Meta (1,236 万ドル)、バイオテクノロジー会社の Shiga Technology (866 万ドル)、AMD (814 万ドル) を純購入しました。

ベンチマークは 2% まで低下… 下降トレンドの減速に対する懸念

一方、市場は、ニューヨーク証券取引所が短期的に下落する可能性を念頭に置いておく必要があると判断しています。 まず、足元で急激に低下している金利の低下傾向が鈍化すると予想されます。

キウム証券のイ・ウォンジュ研究員は、「米国の長期金利と短期金利の格差は維持が難しい。

収益へのショックが予想される一般消費財セクターの収益発表が続くという事実も、市場に重くのしかかっています。 キウム証券によると、すでに収益を公表している企業の中で、消費財企業のEPSは前年同期比で12%遅れており、金融企業とともにマイナス成長リストに載っています。 今月中旬、ウォルマート、ターゲット、ホームデポ、メイシーズなどの小売業者が相次いで決算を発表しようとしています。

コリア・インベストメント・アンド・セキュリティーズのチェ・ボウォン研究員は、「再開する企業のうち、米国外での売上高の割合が高い企業の株価は、再開の理由で大きな変動を示していることに注意する必要があります。 コロナ19の蔓延。」

中長期的には、マクロ経済指標も注目に値します。 米国の消費者物価指数は 10 日に発表され、生産者物価指数 (PPI) は 11 日に発表され、ウォール街は前月比 0.3%、前年比 8.8% の上昇を見込んでいます。 6月の消費者物価指数は前年同月比9.1%上昇し、41年ぶりの高水準に達した。 株式アナリストは、中立金利論争の主要変数として物価指数に注目しています。

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。