医学と健康 : 社会 : ニュース : ハンギョレ

16日午後、光州市北区の定期検査クリニックで検査対象者が増加し、コロナ19検査のために依頼するサンプル数が積み上がっている。 保健所の担当者は「年末年始を境に海外からの入国者が増え、検査を受ける人が急増した」と話した。 新着

コロナ19の再流行がピークに向かう中、韓国で先週新たに確認された症例数は、人口に対して世界で最も多いことが確認されました. 全国的な再犯率が 8 月下旬にピークに達した後、9 月上旬までに 1 日あたり最大 900 人の重症患者と 140 人の死亡者が発生すると予測されていました。 16日、国際統計サイトOur World in Dataのデータによると、先週(7-13)、人口100万人当たりのコロナ19感染者数は韓国で最も多く、約1万6724人で、韓国より約200~400人多い。マーシャル諸島 (14,577 人) と日本 (11,228 人) では、2 番目と 3 番目に多くの感染者が確認されています。 同日、疾病管理予防センター(バンデボン)でのブリーフィングで、韓国疾病管理予防センター(KCDC)のディレクターは、「最近、確認された症例が韓国で最高レベルで発生している」と述べた。 . 高い状況です」と彼は言いました。 方大本の週ごとの発生傾向を見ると、先週の1日平均感染者数は12万1836人で、前週より25.2%増加した。 ただし、世界中で確認された症例の最高レベルは、検査システムの変更にも関連しています。 国家感染症危機対応諮問委員会である嘉泉大学医学部(予防医学)のチョン・ジェフン教授は、次のように述べています。 , 「オミクロンの突然変異の前と同じ診断検査システムを維持している国は、韓国、日本、台湾、ニュージーランド、オーストラリアだけです. WHO)はまた、国別の確定例と死亡者数の統計を解釈する際に注意を促している.実際、検査戦略の変更により検査の総数が減少した国では、実際よりも少ない確定例を見つけることが可能である.専門家は予測する.国内の回復のピークは8月に135,000から240,000の間になるだろうと検疫当局は、専門家のモデリングに従って、3つの研究チームは、9月初旬に1日あたり最大830から920人の重病患者と100から140人の死亡が発生すると予測したと述べた過去 2 週間新たに重症患者が450人増加し、1週間の死亡者数は1日平均47.1人で、予想通り、コロナ19による被害は1か月で2倍から3倍になると分析できる。 実際、看護病院などの感染に脆弱な環境でのクラスター発生の数は、7 月の第 1 週 (7 月 3-9 日) の 32 件から、8 月の第 1 週 (7 月 31-8 月) の 122 件へと、ほぼ 4 倍になりました。 31)。 6)。 3回目のワクチン接種後、ハイリスクグループである60歳以上の確定患者の割合も、前月の14.3%から21.7%に増加しました。 オム・ジュンシク嘉泉(カチョン)大ギル病院(感染症科)教授は「最近、危険度の高い感染症が増え、重症患者が体調不良で入院するケースが多い」と話した。 」 一方、英国が世界で初めてモデルナのオミクロン変異に対する改良型ワクチンの使用を承認したことで、韓国疾病予防管理センターのペク・ギョンラン所長は「有効性、安全性、検疫を考慮して、 8月末時点での改良型ワクチンの状況、導入時期と数量(改良型ワクチンの)。 完全な発表を行う」と述べた。 記者 イム・ジェヒ limj@hani.co.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です