健康スナック「プルムウォン豆腐バー」日本累計販売1000万個突破 : 食品医薬品日報

昨年、日本のコンビニエンスストアの人気商品1位に選ばれたプルムウォンの新コンセプト植物性プロテイン「豆腐バー」は、累計販売本数が1,000万本を突破した。

プルムウォン(イ・ヒョユル代表)は10日、日本の子会社である朝日彦が発売した豆腐バーが1年あまりで累計販売1000万個を突破したと発表し、主力商品であることを改めて証明した。

「豆腐バー」は、2020年11月にプルムウォンの日本法人朝日彦が初めて発売した植物性タンパク質食品で、発売以来順調に売上を伸ばしており、可能性を示しています。 発売から4か月後の昨年3月には累計販売本数300万本を突破し、現地での人気商品としての地位を確立しました。

豆腐バーの人気により、「あさひこ」は追加商品を発売してラインを拡大し、消費者の需要に応えました。 その結果、今年1月の累計販売本数は1000万本を難なく突破。 発売以来、関東地方のコンビニエンスストアチェーンのセブン-イレブンでの独占販売でしたが、このような実績を上げています。




日本の地元メディアも豆腐バーの成功に大きな関心を示しています。

テレビ東京のニュース番組「ワールドビジネス」では、豆腐バーの累計販売本数が1,000万本を突破。 メディアは、朝日彦がより多くの消費者が豆腐バーを楽しむことができるように、豆腐バーの生産ラインを拡張したと説明した。

以前、月刊ビジネス誌の有力誌である日経トレンドが2021年に設定した「コンビニ大賞2021ヒット商品大賞」に豆腐バーが選ばれました。

朝日彦は、2 つの現地生産工場のラインを拡大することにより、これまでの約 2 倍の配信が可能になるため、興行収入の成功がさらに加速すると予想されます。 今月上旬より、セブン&アイ・ホールディングスグループのセブン-イレブンで「セブンプレミアム」商品として全国で販売される。

豆腐バーは、100gあたり約14.7gのタンパク質を含む植物性タンパク質食品で、日本では満腹感のあるヘルシースナックとして定着しています。

朝日彦は、昆布と鰹節の出汁で味付けした「和ふだし」とピーマンと柚子で味付けした「柚子胡椒」の2種類を発売し、人気を博し始めた。 昨年9月には、青大豆とひじきを加えて噛みごたえをアップした「枝豆ひじき」を加え、3種類のラインナップ。




豆腐棒は、豆乳の濃度やにがりの量、製造工程の途中のタイミングなどを調整することで、通常の豆腐よりもかなり硬めに仕上げています。 そうしてできた豆腐バーは、チキンサラダバーのような食感(日本で初めてプロテインスナックとして人気を博した商品)で、効率よくプロテインを摂取できることから人気を集めています。 特に30~50代の男性の朝食代わり、運動後のプロテイン補給、ヘルシーなおかずとして幅広く利用されています。

朝日彦の池田営業部長は「これまで豆腐は60代以上が中心だったが、豆腐バーの成功で若い人も楽しめるようになった」と話す。 私たちはそれを行う予定です」と彼は言いました。

一方、日本で最初に発売された豆腐バーは昨年、グローバルなクロスマーケティングを通じて「高タンパク質豆腐バー」として韓国で発売され、簡単に健康管理できる植物性タンパク質の食事代替品およびスナック製品として感化されました. ジャーナリスト チェ・ジミ

記事の内容と関係のない投稿や、誹謗中傷など他者を誹謗中傷する投稿は、管理者の判断により予告なく削除する場合がありますので、あらかじめご了承ください。


Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です