中小企業振興院長官が慶北産業麻特別規制自由区域を視察

(日刊大邱慶北ニュース=キム・ヒョンマン記者) 慶尚北道のイ・チョルウ知事とイ・ヨン中小企業庁長官(以下、中小企業庁)が2018年11月、慶北バイオ産業研究センターを訪問した。安東氏は9月30日、「慶北産業麻規制自由区域」実証事業の現場を視察した。

会議中、ユハンヘルス&リビング株式会社のパク・ヒョンジェ取締役は、 「ヘンプ特区の指定以降、カンナビジオール(CBD)※の製造や試作品開発の分野で実証事業を徐々に進め、研究成果を蓄積してきました。 慶尚北道と中小企業振興部がこれを可能にするために重要な役割を果たしてくれることを願っています。

※ヘンプとは、精神活性物質であるテトラヒドロカンナビノール(THC)を0.3%未満しか含まないヘンプ植物であり、幻覚性マリファナと区別するための非サイケデリック工業材料として使用されています。

※CBD(カンナビジオール)はヘンプの主成分で、神経安定、抗炎症、鎮痛などの効果があります。

イ・ヨン中小企業振興部長官は「現場でのコミュニケーションを通じて、規制のない特区を活性化する答えを見つけていきたい」と述べた。

ヘンプ特区は今年8月から安東を含む8地域、約42万平方メートルの面積で35の企業や団体が参加し、ヘンプの産業化に向けた様々な実証事業を行ってきました。

実証プロジェクトは、安全性を保証しながらヘンプの産業化の可能性を検証します。

最近、食品医薬品安全省は、限定的ではありますが、大麻ベースの薬物の使用を許可する規制見直し計画を発表しました。 改正推進中~`24.December))

これらの変化に対応して、規制の自由のためのヘンプ特区を通じた実証プロジェクト、国民の意識を向上させるための宣伝、および法律の見直しの必要性が大きな役割を果たしてきました。

農林畜産食品省も、大麻の産業化推進協議会を結成し、「安全性確立のための研究」を行うなど、ヘンプの産業化に向けた組織間の連携を強化するなど、安全なヘンプの産業化に向けた準備を進めています。産業用ヘンプのライフサイクル全体の管理システム」。

最近、厚生労働省の指示の下、ヘンプの使用に関する専門家討論会とそれに基づく規制審査委員会が法改正などを準備しました。

イ・チョルウ道知事は「特区期間の延長を通じて、実証事業の成果を拡大し、産業化のための幅広い法規制を整備する。 これに貢献できるよう全力を尽くします。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です