世界第 3 位の経済大国である日本の衰退…韓国の国力は深刻な衰退を見せている。

毎週のダイヤモンド

円の暴落により、日本は早ければ年内に世界第 3 位の経済大国の地位を失うことさえ予想されます。 2010年に2位の座を中国に譲ってから10年。

日本経済新聞は「1ドル140円台が続けば、今年の日本の名目国内総生産(GDP)はドルで3兆9000億ドル(約5421兆ウォン)となり、4ドルを割り込む。 30年ぶりに兆」 「日本の経済規模はバブル崩壊直後の水準に戻り、ドイツとほぼ同じ水準になる」との見方を示した。

日本経済新聞 "今年の日本の名目 GDP (濃い実線) はドルで 3.9 兆ドルになり、30 年ぶりに 4 兆ドルを下回り、ドイツ (オレンジの実線) にほぼ匹敵します。"19日に伝えた。

日本経済新聞は19日、「日本の今年のドルベースの名目GDP(濃い実線)は3.9兆ドルとなり、30年ぶりに4兆ドルを下回り、ドイツ(橙の実線)とほぼ互角になる」と報じた。 。” した。

経済協力開発機構 (OECD) は、今年の日本の名目 GDP が 553 兆円 (約 5 兆 373 億ウォン) になると予測しています。 1ドル140円に換算すると3.9兆ドルとなり、1992年以来初めて4兆ドルを割り込んだ。

同じ期間に、世界の GDP は 4 倍になりました。 その結果、1992 年に 15% に達した世界の GDP に占める日本のシェアは 4% を下回りました。 2012 年、日本の GDP は 6 兆ドルを超えました。これは、ドイツの 2 兆ドルの 3 倍です。 円安の影響で、この差は10年で解消。

今年の1ドル1円の平均は127円だが、半年で30円下がった。 「円の価値が急速に下落しているため、日本のGDPは今年か来年には4兆ドルを下回る可能性がある」と同紙は報じた。

円安はまた、日本人の所得水準を 30 年前に戻し、購買力と才能を引き付ける魅力を低下させることも示されています。

為替レートが 140 円の場合、日本人の年収は 1990 年と同じ 3 万ドルに減少します。給与水準は韓国並みだ」と報じた。

2011 年だけでも、日本の平均給与は韓国の 2 倍でした。 2018年、韓国は価格差を調整した平均購買力平価ですでに日本に追いついた. 一橋時代の名誉教授である野口幸雄氏は、「通貨価値の下落は国力を低下させる」「海外から人材を呼び込みにくくなり、成長の妨げになる」と指摘。

エネルギー価格の上昇の影響はさらに大きくなります。 ウエスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)のドル先物価格が今年13%上昇した一方で、円で取引される東京商品取引所の原油先物価格は33%上昇した。

円安になると外国人投資家が日本の株式市場に押し寄せる現象も消えた。 2013 年 1 月から 8 月にかけて、日本銀行が大規模な金融緩和を開始して円が下落したとき、外国人投資家は 9 兆 1000 億円の日本株を購入しました。 実際、日本企業の業績は円安により大幅に改善すると予想されていました。

今年の1月から8月にかけて、外国人投資家は2.7兆円相当の日本株を売りました。 Comzest の資産管理アナリスト、Richard Kay 氏は次のように説明しています。

海外の投資家が投資パフォーマンスを測るために使用するドルベースの日経225指数は、今年23%下落した。 これは、2008 年の世界的な金融危機 (42%) 以来最大の減少です。 外国人投資家から見ると、日本の資産価値は下がっています。

専門家は、1990年代以降の日本政府の円安誘導政策により、情報技術(IT)部門への投資が低迷し、各産業の競争力が低下していると分析しています。 BNPパリバのチーフエコノミスト、河野隆太郎氏は「ますます多くの企業が円安で生活するようになり、全体的な生産性が低下し、賃金が停滞している」と語った。

東京=チョン・ヨンヒョ特派員hugh@hankyung.com

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です