世界一のアイテムが韓国と中国から盗まれ、最後は… 日本にまた落ちた ジョン・ヨンヒョの日本産業分析

写真=ゲッティイメージバンク

スマートフォンや半導体など、世界市場で最も人気のある「Made in Korea」製品は 5 つだけでした。 日本は七大元素で世界一位。 世界一の品目数ランキングは2年連続で、米国、中国、日本、韓国が首位。 韓国が主力市場であるハイテク分野で中国にシェアを奪われており、韓国が3位を取り戻すのは当面難しいと予想される。

日本経済新聞が23日、56品目の世界市場シェアを調査し、毎年発表する「2021年主要製品・サービスシェア調査」で、韓国のスマートフォン、DRAM、有機発光ダイオードパネル(OLED )、半導体NANDフラッシュ、超薄型テレビなど5品目で1位にランクイン。 5品目はすべてサムスン電子の製品。

日本は、自動車、オートバイ、デジタルカメラ、多機能レーザーデバイス、イメージセンサー(CMOS)、携帯電話用リチウムイオン電池、偏光板の7分野で世界1位を維持した。

2020年の調査では、韓国が7項目で1位となり、日本と3位に並んだ。 しかし、昨年は大型液晶ディスプレイ(LGディスプレイ)と造船(現代重工業)部門で4位に落ち、中国のBOEとCSSCに首位を譲った。

昨年日本を抜いて初めて2位になった中国は、米国との差をさらに縮めた。 米国と中国はそれぞれ 18 品目と 15 品目で世界市場の第 1 位にランクされ、その差は 3 に縮まりました。 昨年、70 の論文が調査されたとき、24 の論文が米国で、12 の論文が中国で 2 倍のスプレッドで 1 位にランクされました。

韓国が克服した要素。 韓国は、スマートフォン、DRAM、有機発光ダイオード(OLED)パネル、NAND フラッシュ半導体、超薄型テレビなど 5 つの項目で 1 位にランクされました。  5品目はすべてサムスン電子の製品。  (出典:日本経済新聞)

韓国が克服した要素。 韓国は、スマートフォン、DRAM、有機発光ダイオード(OLED)パネル、NAND フラッシュ半導体、超薄型テレビなど 5 つの項目で 1 位にランクされました。 5品目はすべてサムスン電子の製品。 (出典:日本経済新聞)

中国は、電気自動車、自動車用バッテリー、リチウムイオンバッテリー絶縁体などのハイテク製品を中心に、13品目で市場シェアを拡大​​しました。 調査された 56 の記事のうち、32 の記事が中国企業によって上位 5 位にランクされました。 そのため、市場を中国に奪われている韓国が、当面日本に追いつくのは難しいとの見方も出ている。

韓国企業は、スマートウォッチ(サムスン電子2号)、タブレット端末(サムスン電子2号)、大型液晶パネル(LGディスプレイ2号)、携帯用リチウムイオン電池(サムスンSDI2号)、イメージセンサー(サムスン電子2位)、リチウムイオン車載バッテリー(2位LGエナジーソリューションズ)、偏光板(3位サムスンSDI)。

しかし、中国やアメリカの有力企業との差は徐々に広がっています。 かつてサムスン電子とLG電子が世界市場を独占していた洗濯機、家庭用エアコン、冷蔵庫などの家庭用電化製品は、すべて中国に敗れ、3位にすらなっていない。

現代重工業(16.1%)が中国のCSSC(17.6%)を1.5ポイントのシェア差で追っている造船業を除けば、新たなナンバーワンが誕生するのは難しい。

韓国が1位の5品目も取り上げられない。 サムスン電子(20.0%)とアップル(17.3%)のスマートフォン市場での差は2.7ポイントに縮まった。 ただし、Samsung Electronics (42.7%) と SK Hynix (28.6%) は、DRAM で合計 71.3% のシェアを共有し、Samsung Electronics (60.1%) と LG Display (22.1%) は、OLED で 82.2% のシェアを共有しています。

KPMG FASのパートナーである稲垣正久氏は、「米国と中国の間の覇権争いが激化するにつれて、グローバル企業は中国および中国以外の市場へのサプライチェーンを再編成する必要があるだろう.

東京=チョン・ヨンヒョ特派員hugh@hankyung.com

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です