不人気日本株通過…日本アリも東京株式市場から逃げる チョン・ヨンヒョの日本産業分析

昔は、円が下がったり金利が上がったりすると、日本の富が海外に流出するのではないかという不安がありました。 しかし、そのたびにそれは根拠のないものであり、円建ての家計預金は増加するだけでした。 今回は分析が異なります。

実際、円建て資産から外貨資産への換金は容易になった。 以前は、外貨資産に投資するためには、平日の営業時間内に金融会社の窓口に出向かなければなりませんでした。 現在、自宅から24時間インターネットで取引が可能です。

日本で金融資産が最も多い年齢層は、70代以上の団塊世代(団塊世代)です。 日本の黄金時代を鑑賞した人は、海外旅行や海外商品に精通しています。 前世代とは異なり、外貨資産保有に異論はないという分析だ。

人気のない日本株「通過」…ニホンアリが逃げる 東京証券取引所 [정영효의 일본산업 분석]

同時に日本からの資本逃避の可能性を指摘したJPモルガン・チェース銀行の佐々木徹市場調査部長は「高騰に対応するには外貨をたくさん持っておいた方が良いという考え方。ガソリンと食料価格が広がるかもしれない」と語った。

株式市場では、日本のファンドが日本企業を「パス」し、アメリカ企業に法廷を開く。 金融情報会社リフィニティブによると、2021年の日本投信による外国株式投資額は8兆3000億円に達し、調査開始の1998年以来最大。日本株投資額(280億円)の300倍に達した。 .

人気のない日本株「通過」…ニホンアリが逃げる 東京証券取引所 [정영효의 일본산업 분석]

日本の個人投資家の資金も海外に流出している。 今年1月から4月にかけて、日本の投信による米国への投資額は1.5兆円に達した。 日本への投資額は3000億円。

人気のない日本株「通過」…ニホンアリが逃げる 東京証券取引所 [정영효의 일본산업 분석]

日本の個人投資家が母国市場から離れている理由は、日本株が人気がないからです。 2017 年から 2022 年 5 月の間に、優良な米国株の S&P 500 指数は 55% 上昇しましたが、優良な日本の株式の Topix 指数は 5% 上昇しました。

また、経営の有効性を示すROE(自己資本利益率)においても、日米株の差は大きい。 過去 20 年間、Topix インデックスの構成銘柄は平均 10% 未満でしたが、S&P 500 の構成銘柄は 10% 以上の範囲でパフォーマンスを上げてきました。 バイアウトや配当などの株主還元に関しては、米国の上場企業は日本の上場企業よりもはるかに寛大です。

人気のない日本株「通過」…ニホンアリが逃げる 東京証券取引所 [정영효의 일본산업 분석]

マクロ経済の観点から、米国は日本とは比較にならない魅力的な投資先です。 1990 年から 30 年間、日本の名目国内総生産 (GDP) は 20% しか伸びず、賃金は 4% しか伸びませんでした。 同じ期間に、米国の GDP は 3.5 倍に増加し、賃金は 48% 増加しました。

高齢化や財政悪化などの国内課題も克服しなければなりません。 日本経済新聞は「将来に不安を抱く日本人の間で、海外への資産移転の需要が高まるのは当然だ。

東京=チョン・ヨンヒョ特派員hugh@hankyung.com

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です