一般 インターナショナル : インターナショナル : ニュース : ハンギョレ新聞社

中国の王毅外相は18日、北京で日本の林芳正外相とビデオ会議を行っている 北京/新華聯合ニュース

「他の人のために火の栗を摘んではいけません。隣人を危険にさらすために間違った道を歩んではいけません。」 中国の王毅外相は、ジョー・バイデン米大統領の韓日訪問を控えた18日、日本の林義正外相とのテレビ会議で、日本に「直撃」した。 米国を「南」、中国を「隣国」と呼び、無謀な行動で米国を傷つけないよう警告した。 その日の会談で、王局長は林外相に対してハイレベルな批判を行い、いかなる「外交的調査」も否定した。 特に、日本、オーストラリア、インドが参加する米国主導の安全保障協力機関であるQuadを直接言及し、「米国と日本が団結して中国に反対するべきであるというトーンは、米国の指導者の出発前から広がっている. 「日米間の協力は陣営間の対立を引き起こすべきではなく、中国の主権、安全、発展の利益を損なうものであってはならない」と述べた。 中国と日本の外相間の接触は、昨年11月から6か月後に行われた。

今年外交関係樹立50周年を迎えた両国関係について、王外相は「障害を早急に取り除かなければならない」と述べた。 中国が「根本的利益」の核心と位置付ける台湾問題について、日本は「台湾海峡の平和と安定」に言及し、中国の反発を招いた。昨年4月の首脳会談で52年ぶりに23日に発表された会談では、「中国は行動を『抑止』し、『対応』する」など、さらに踏み込んだ内容が含まれるものとみられる。王局長が狙う「特定の政治勢力」とは、安倍晋三前首相が昨年から台湾を日本と同様の状況と見なして介入する意向を表明していると解釈されている。外務大臣とのビデオ通話時よりもはるかに激しい当時、王局長は、「インド太平洋経済枠組」(IPEF)に参加しようとしていた韓国に対し、「デカップリングの否定的な傾向に反対し、安定と安定を維持しなければならない」とだけ述べた。スムーズなグローバル産業およびサプライ チェーン。 米国と同盟を結び、軍事的にも経済的にも世論を封じ込めてきた日本とは異なり、米中の均衡を保ってきた韓国は声を落として不快感を露わにした。

中国共産党政治局員の楊潔篪氏(左)とジェイク・サリバン米国家安全保障問題担当補佐官。  AFP聯合ニュース

中国共産党政治局員の楊潔篪氏(左)とジェイク・サリバン米国家安全保障問題担当補佐官。 AFP聯合ニュース

日本も譲らなかった。 日本の外務省が発表したデータによると、林外務大臣は、最前線にある台湾問題について、「台湾海峡の平和と安定の重要性」を繰り返した。 また、ウクライナ情勢に中立的な立場をとっている中国に対し、「ロシアのウクライナ侵略は、国連憲章と国際法に明らかに違反している」と批判した。 米国と中国の外交・治安部隊の司令官も、電話インタビューを通じてお互いを牽制していた。 中国共産党の外交問題を担当する政治局員の楊潔篪氏は18日、ホワイトハウスのジェイク・サリバン国家安全保障担当補佐官との電話会談で、「アジア太平洋地域の基本的利益と長期的な国を害するあらゆる行為」と述べた。自分の利益のための地域は機能しません。 枠組みを運営する米国を真っ向から批判した。 ホワイトハウスはまた、ローマでの3月14日の会談の後、2人は「地域の安全保障問題と非核化に焦点を当て、ロシアのウクライナ戦争と米中関係の特定の問題について話し合った」ことを示す声明を発表した. 米国は、両者の会話の詳細を明らかにしていません。 北京東京/チェ・ヒョンジュン特派員、キム・ソヨン記者 haojune@hani.co.kr

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です