一般方針: 政治: ニュース: ハンギョレ新聞社

ユン・ソクヨル大統領が26日午前、龍山の大統領府を訪れ、記者団の質問に答えている. 大統領特派員

ユン・ソクヨル大統領は、先週、英国、米国、カナダを訪問した際に発生した「スラング論争」に対して、「真実ではない情報で同盟を傷つけることは、人々を大きな危険にさらす」と強く反対した. 熾烈な外交の場で露骨に暴言を吐いたことへの謝罪というよりは、野党の「外交の災難」への批判に正面から向き合う意向を示したものと解釈される。龍山(ヨンサン)の大統領府に向かう途中、記者たちと一緒に記者団に「今回の訪問中の発言が物議を醸した。尹大統領は、「世界には2つか3つの超大国を除いて、生命と生命を完全に保護できる国はない」と述べた。だからこそ、自国民の生命と安全を守るためには同盟が不可欠なのだ」と述べた。尹大統領は、米国ニューヨークでの会談で、スタッフと一緒に出て行き、「バイデンがgだったらどうなるか」 これらのXXが国会でそれを承認しなかった場合、恥ずかしいですか? 話しているように見えるシーンが放送局のカメラに捉えられ、それが米国議会に向けられたものであるという論争が起こり、それが「事実の別の報告」であると主張して、真実を見つけようとすることを示唆した. 特に尹大統領の発言は第3シンジケートの発言 (MBC)はこの日、「物議を醸した動画を撮影した本格的な記者はMBCの記者であり、この動画(初めて公開された)はMBCの報道前に、パク・ホングン民主党議場に出てきた。 「強言訂正」「党大会で代表が最初に批判発言をしたことについては、とんでもない発言だったので事情を疑う」と明らかにした。 キム・ウネ広報室長も22日、尹大統領の前でユン大統領の発言について「国会で○○が承認せずに追放されたら恥ずかしい…」と説明した。尹大統領は、この日の俗語論争に対する野党の謝罪要求を無視し、報道が事実と異なっており、論争が予想される点に焦点を当てた.一方、尹会長は今回の韓米首脳会談の失敗と「48秒の対話」について、この問題を取り上げる前に5泊7日の成果を強調した。 : 「バッキンガム レセプション (ロンドンのチャールズ 3 世国王主催) に行ったとき、彼はアメリカ大統領が騒ぎの最中に何をしているのかを長時間見ることができませんでした。 どうやら100カ国以上から。 …(簡単そうに見えなかったので)私はアシスタントに「アメリカ大統領と長時間(会談)をするのは難しそうだから、強要しないでください」と言いました。 代わりに、彼は、「これについては、国家安全保障局(NSC)基地で大臣とより詳細に迅速に話し合い、(ジョー)バイデン大統領との最終確認のみを行いましょう」と述べました。 尹大統領は「このようにバイデン大統領がインフレ抑制法問題で韓国の立場を十分理解していることを確認し、韓国企業だけが不利にならないよう前向きな議論を行ってきた」と述べた。 “。 彼は「屈辱の外交」と呼ばれた韓日の短い会談について、「韓日の関係は一度にグラスに注がれるような関係ではない」と強調した。 文在寅(ムン・ジェイン)政権下で中断していた韓日の首脳会談が、2年9カ月ぶりに再開したことには意味がある。 尹大統領は「今回、岸田総理(総理)と3度目の首脳会談を行った」と述べた。 私は養子縁組によってそれをしました」と彼は言いました。 「韓国と日本の関係は前政権下で悪化したので、日本の世論、世論、両国の国民の考えを精査しながら円滑に国交正常化を進めるべきだ。何より、韓国と日本の企業は正常化を待ち望んでいる」両国の」と彼は言った。 「日韓関係が正常化されれば、両国企業の相互投資は、日本と韓国の雇用を増やし、両国の成長に一層役立つと信じています。将来、どんな困難があっても。キム・ミナ記者 mina@hani.co.kr

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です