ワールドカップ : サッカー 外国リーグ : スポーツ : ニュース : ハンギョレ新聞社

クロアチアのルカ・モドリッチ。 AFP聯合ニュース

優勝チームのフランスは 4-1 で勝利しました… 2 位のクロアチアは誰ですか? (モロッコ-クロアチア)

2018年ロシアワールドカップで準優勝したクロアチアは23日(韓国時間)午後7時、カタールアルコルアルベイトスタジアムで2022年カタールワールドカップグループF第1戦でモロッコと対戦する。前回大会でバロンドールを受賞したレアル・マドリーは、すでに37歳になり、今大会で「ラストダンス」を披露するはずだ。 モドリッチは当時、2018年のバロンドールを獲得し、リオネル・メッシ(PSG)とクリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)の間で分割されたバロンドールの競争も管理しました. クロアチアの弱点は、攻撃力の欠如です。 クロアチアはヨーロッパ ワールド カップ予選でグループ H を上回りましたが、最多得点者はモドリッチとイヴァン ペリシッチ (トッテナム ホットスパー) で、3 ゴールを挙げました。 どちらもフォワードではなくミッドフィールダーです。 これは、明確なキーパーがいないことを意味します。 一方、モロッコは、このトーナメントのノックアウト ステージに到達する可能性が高いダーク ホースと見なされています。 アフリカ予選で 6 勝を挙げたモロッコは、アシュラフ ハキミ (PSG) に守られて特に堅固な守備を見せています。 両チームはお互いに 1 引き分けです。 FIFAランキングはクロアチアが12位、モロッコが22位。

練習中のサッカー日本代表。 ロイター聯合ニュース

練習中のサッカー日本代表。 ロイター聯合ニュース

カザンの奇跡に続く「ドーハの奇跡」を夢見て、日本とドイツが出会う(独・日)

今大会無双死組とされるグループEは、いよいよ23日22時、カタール・ドーハのハリファ国際スタジアムで行われるドイツ対日本の試合で幕を開ける。日本も無視できない。 ドイツは、前回のロシア ワールド カップで FIFA ランキングで最強の選手でしたが、現在は 11 位です。 一方、欧州勢を中心にチームを構成する日本(24位)は、これまで以上に堅調と評価。 直接対決では、ドイツが 1 勝 1 引き分けで有利です。 国内ファンにとっては、ワールドカップで韓国がドイツに勝った「カザンの奇跡」があり、日本がドイツにどう立ち向かうのか、関心が高まっている。 また、サウジアラビアが前日のアルゼンチン戦で反戦ドラマ(2-1勝利)を利用したことから、今回は「ドーハの奇跡」を使う日本の実力に注目が集まっている。

サッカー スペイン代表。  AFP聯合ニュース

サッカー スペイン代表。 AFP聯合ニュース

無敵の艦隊が復活、ワールドカップ対コスタリカ戦(スペイン-コスタリカ)初先発

世代交代したスペインは24日午前1時、カタール・ドーハのグループEアルトゥマ・マス・スタジアムでコスタリカ戦に初出場する。 こちらもデスマッチ。 スペインは、このトーナメントの準備中に主に若い血を輸血しました。 平均年齢は 25.6 歳で、32 か国中 4 番目に若い。 特に、フェドリ(20)、エリック・ガルシア(21)、フェラン・トーレス(22)など2000年代生まれの“若手ガン”が目立つ。 この大会では特に20歳前後の新人選手が力強い活躍を見せており、スペインから新星の誕生に期待が集まっています。 敵対するコスタリカも手ごわい相手だ。 北中米地域予選で 4 位でワールドカップに参加したコスタリカは、ブラジルで開催される 2014 ワールドカップの準々決勝に進出する可能性を秘めています。 何よりもケイラー・ナバス(PSG)という堅実なゴールキーパーがゴールを守っているのが強み。 両チームの対戦は2勝1分けで、スペインが優勢。 FIFAランキングではスペインが7位、コスタリカが31位。

ベルギーのヤン・フェルトンゲン。  AFP聯合ニュース

ベルギーのヤン・フェルトンゲン。 AFP聯合ニュース

虚弱な黄金世代は北米と中央アメリカで首位に立つことができるでしょうか? (ベルギー-カナダ)

ベルギーは、カタールのアル ラヤン アフマド ビン アリ スタジアムで開催されるグループ F のカナダとの試合で、24 日の午前 4 時にこのトーナメントで初出場を果たします。 ベルギーはFIFAランキング2位の堅実なチームですが、「黄金世代」とされた豪華チームはやや老けた評価。 主力選手は30代で、エースのエデン・アザール(レアル・マドリー)は本領を発揮していない。 さらに、メインゴールキーパーのロメル・ルカク(インテル・ミラノ)も負傷のため、グループステージの最初の2試合に参加することができません。 しかし、ベルギーの力は依然として無視できない。 老朽化した防御に比べて、攻撃は依然として強力です。 特に「サッカーの第一人者」と呼ばれるケビン・デブラウィナー(マンチェスター・シティ)が主役になり、アザールが復活すればかなりの活躍が期待できる。 相手チームのカナダは、北中米地域予選で首位という奇跡でワールドカップ決勝進出を果たした。 彼は FIFA ランキングで 41 位にランクされており、ワールドカップ決勝に 3 回しか出場していないため、カナダの可能性を評価するのは容易ではありません。 特に、難民としてチームの主力となったアルフォンソ・デイヴィス(バイエルン・ミュンヘン)の活躍が注目される。 両チームの試合は勝利で、ベルギーが優勢です。

イ・ジュニ記者 givenhappy@hani.co.kr

Kono Makoto

「ベーコン愛好家。筋金入りのツイッター愛好家。流行に敏感なポップカルチャーの専門家。学生。認定ビールマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です