ユン・ソクヨル初訪米、バイデン氏と会談、現代自動車の起亜EV補助金問題解決へ

<a href=ユン・ソクヨル、初訪米、バイデンと会見 現代自動車と起亜自動車のEV補助金問題解決へ” height=”300″ src=”https://www.businesspost.co.kr/news/photo /202209 / 20220920112037_55297.jpg” width=”600″ />

▲ユン・ソクヨル大統領が現地時間9月20日、米国ニューヨークに到着し、自家用機から降りている。
[비즈니스포스트] 尹石烈(ユン・ソクヨル)大統領は就任後初めて訪米し、バイデン米大統領らと首脳会談を行う予定だ。

尹大統領は、現代・起亜自動車に対する米国政府の電気自動車補助金差別問題などで、韓米関係が不安定な状況で、この問題の解決策を議論する可能性がある。

ロイター通信は20日、「米国のインフレ抑制法に含まれる電気自動車支援政策に対する韓国の抵抗は、ユン大統領の初めての米国訪問に暗雲を投げかけ続けている」と報じた。

最近、電気自動車補助金問題をめぐる韓米政府間の利益相反は、関係改善の障害となっている。

米国政府はインフレ緩和法を導入する予定であり、今後は最終的に米国で生産される電気自動車にのみ補助金を支給します。

米国の電気自動車市場で急速にシェアを伸ばしている現代自動車と起亜自動車は、補助金の支給対象から除外され、打撃を免れにくい。

ロイター通信によると、ユン大統領とバイデン大統領は、電気自動車への補助金や北朝鮮の核問題など、さまざまな外交問題について話し合うための首脳会談を計画しています。

しかし、一部のアナリストは、韓国と米国の間に明確な立場の違いがあるため、今回の首脳会談後に電気自動車を支持するという米国政府の方針に明確な変化が生じる可能性は低いと述べています。

ロイター通信は、「韓国政府当局者は、バイデン政権が電気自動車の補助金を差別することで、経済協力の約束を裏切ったとさえ評価している」と報じた。

韓国政府は、米国産の電気自動車だけに補助金を出すことは、韓米自由貿易協定(FTA)の原則に反する可能性があるという態度を示している。

ロイター通信は、ユン氏がバイデン氏と会談してその立場を伝え、電気自動車補助金政策の変更を2025年まで延期するよう要請する可能性があると報じた。

実際、現代自動車は、遅くとも2025年までにジョージア州に電気自動車生産工場を完成させ、生産を開始する予定です。

しかし、ロイター通信はユン大統領の試みの結果についてやや懐疑的な見方を示し、米国の電気自動車補助金政策の問題に対する明確な解決策はまだないと述べた。

実際、米国政府は、インフレ緩和法が最終的に韓国にプラスの経済効果をもたらすとして、政策を変えるのは難しいことを示している。

ロイター通信は、ユン・ソクヨル政権は、韓国と日本の外交関係の改善や韓国との非核化交渉など、主要な外交問題で大きな進展を見せていないと指摘した。

これは、尹錫烈(ユン・ソクヨル)政権が米国政府が韓国に要求する役割を十分に果たせず、韓国政府の要求が容易に受け入れられないことを意味する。

ロイター通信は内部関係者の話として、韓国と米国が北朝鮮の非核化問題に関する対話を再開する方針を打ち出していると報じた。

ユン大統領は、バイデン大統領と電気自動車の補助金問題について話し合い、韓国政府の役割をさらに強化するという約束など、外交的な「合意」につながる可能性があります。

今回の訪米中には、尹大統領が日本の岸田文夫首相ら首脳と会談する可能性もあり、さらなる外交成果につながるだろう。

オートモーティブ ニュース カナダによると、ユン大統領は米国でのプログラムを終えた後、カナダを訪れ、電気自動車とバッテリー産業について政府と会談する予定です。

この機会に、韓国の電気自動車およびバッテリー企業に対するカナダ政府の投資支援の拡大などの誓約を受ける可能性も議論されています。 ジャーナリスト キム・ヨンウォン

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。