ピッチに立ったパク・チソン、2試合連続予想…コスタリカ勝利は「最大13%」に達する見通し


[SBS연예뉴스 | 강선애 기자] SBSワールドカップカタールコメンテーターのパク・ジソンが2試合連続の勝敗予想に成功し、信じられないほどの正解率を見せた。

28日19時(韓国時間)、アル・ラヤン・アフマド・ビン・アリ・スタジアムで行われたグループEのグループステージ第2戦「日本対コスタリカ」で、コスタリカが日本を1-0で下した。 SBSスティントとして出演したペ・ソンジェ、パク・ジソン、イ・スンウの「ペ・パク・スントリオ」は、前半とは180度違う積極的な後半戦を繰り広げた。 2試合を観戦したかのような「日本対コスタリカ戦」の解説による頭脳と分析力が注目を集めた。 それを証明するかのように、視聴率調査機関のニールセンコリアによると、SBSは日本対コスタリカ戦の放送中に13%(首都圏基準)の最高視聴率を記録し、適時性を証明した。

試合前、パク・チソンとイ・スンウは試合結果を予想して注目選手を選んだ。 世界中のマスコミがそうであるように、日本のドイツ戦勝利を予言し勢いに乗っていた朴智星は、この日、日本のトップ11リストを確認した後、「外野手選手の半分の構成が変わったようだ。傭兵戦術でかなりのリスクになる. 引き分けかコスタリカ. の勝利に変えます. “の予測を変更して関心を得る.スペイン相手に勝ち点7、主力のイ・スンウは「危機の時に必要なのはベテランの力。 今日の試合では無得点が予想される」とし、「今日の試合はコスタリカ対日本対サッカーパスでのカウンター攻撃の構成になるだろう」と付け加えた。

この二人のコミッショナーの予測は正しかった。 日本は試合を通してパスゲームでポゼッションサッカーを繰り広げたが、選手たちは手足が合わず不安な表情を見せた。 結局、日本は後半35分、中盤で致命的なミスを犯し、反撃のチャンスをうかがっていたコスタリカに失点を許してしまう。 ゴールの主役はイ・スンウが試合を通して「活躍が必要な選手」と呼んだコスタリカの選手で、直後、コスタリカのGKナバスが日本の決定的なチャンスを見事なストップで防いだ。 日本を1-0でひざまずかせます。 これにより、試合前に日本の選手選抜に懸念を示していた朴智星は、今日の試合を振り返り、「日本チームのスターティングメンバーの戦術変更が握手になった」と語った。

このようにパク・チソンとイ・スンウは、両チームの試合結果から試合の流れ、決勝ゴールの勝者まで、分析力と専門知識の高さを誇示した。 また、パク・チソンは、世界が日本の勝利を予測したように、デンマークに2-1で勝利したフランスの勝利を正確に予測し、コスタリカの勝利を単独で予測して驚いた。 サプライズが多いこのワールドカップで豊富な経験を通じて得た経験豊富な洞察力で輝く「ノストラ・パク・チソン」として堂々と立つパク・チソンに注目が集まる。

一方、この日ペ・ソンジェ、パク・ジソン、イ・スンウの「ペ・パク・スントリオ」は日本とコスタリカに打撃を与えた。ジャムゲーム」を前半を通して受け身プレイで展開し、オンライン、オフラインともに熱狂的な反響を呼んだ。 ペ・ソンジェが前半終了後、試合がややつまらなかったと悔やむと、イ・スンウはMZ世代のサイダー発言に「サツマイモを3つ続けて食べるような試合だった」と笑った。 また、ペ・ソンジェが前半の最高の選手を尋ねると、パク・ジソンは「前半の最高の選手は観客だ。この試合をサポートするのはMVPのようなものだ」と答えた。 イ・スンウも「延長戦を短縮した審判もMVP」と冗談で遺憾の意を表した。

一方、「ドイツ対スペイン」の試合でドイツとスペインが1-1で引き分けた後、グループEは混乱に陥った。 日本はスペインに勝たなければベスト16進出を自力で決め、同点の場合は数を数えなければならないという難しい状況に直面した。

ペ・ソンジェ、パク・ジソン、イ・スンウ、正確な予想で日々加速している「ペ・パク・スントリオ」が今日(28日)22時、カタール・アラヤン教育都市競技場で開かれる。リレー。

カン・ソンエ記者 sakang@sbs.co.kr

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です