バナナの熟度で健康効果が異なる




熟していない青バナナは満腹感があり、ダイエットにも良い/写真=クリップアートコリア

バナナは食物繊維やカリウムが豊富で食べやすいので、人気のスナックです。 特にバナナは黄色くなるほど甘く、完熟バナナの好みは人それぞれ。 興味深いことに、バナナの熟度によって健康効果が異なります。 バナナの健康上の利点を発見してください。

◇減量には熟していない青バナナ… 古くなればなるほど、抗酸化物質が多く含まれます。
▶グリーン=熟していない青バナナは満腹感が得られるのでダイエットに最適です。 実際、熟していないバナナには消化しにくいレジスタントスターチが 20 倍も含まれています。 レジスタントスターチは「良質な糖質」とも呼ばれています。 さらに、熟していないバナナのグリセミック指数は 30 と非常に低く、血糖値の安定に役立ちます。 熟していないバナナにはペクチンと難消化性デンプンが豊富に含まれており、腸内でプレバイオティクス (腸内の善玉菌の餌) として機能します。 2019年に栄養ジャーナル「Nutrients」に掲載された研究によると、熟していないバナナを1日1本食べたグループは、腸の健康を改善しました.

▶黄色=熟した黄色のバナナは糖分と抗酸化物質が豊富で消化しやすいです。 バナナが熟すと、でんぷんが糖に変わり、難消化性でんぷんが減少すると消化を助けます。 したがって、消化器系の問題や膨満感がある場合は、緑色のバナナではなく黄色のバナナを食べる必要があります. 熟した黄色のバナナには、水溶性と不溶性の両方の繊維が含まれており、ビタミン C や E などの抗酸化物質が豊富です。

▶ブラウン=バナナに茶色の斑点(砂糖の斑点)が付​​いている場合は、熟れすぎています。 シュガースポットが発生すると、ビタミンやミネラルの含有量が減少し、糖成分が増加します。 この状態のバナナは、免疫力と抗がん作用の改善に役立ちます。 Food Science and Technology Research誌に掲載された日本の帝京大学の研究によると、茶色の斑点のあるバナナは、緑のバナナよりも白血球の力を改善するのに8倍効果的です.

◇食べ過ぎると頭痛や虫歯になる
米国農務省 (USDA) によると、成人の 1 日あたりの推奨摂取量はバナナ 2 本です。

▶キャビティ=バナナの過剰摂取は、虫歯や歯の損傷を引き起こす可能性があります。 これは、バナナにでんぷんや糖分が多く含まれているためです。 でんぷんの粒子が歯の間に詰まると、細菌が引き寄せられ、虫歯のリスクが高まります。 さらに、バナナには約 14 グラムの高糖分が含まれており、これが歯の細菌に酸を生成させ、虫歯の原因となります。

▶ 頭痛 =バナナの過剰摂取は、頭痛や眠気の原因にもなります。 これは、バナナに脳の表面の血管を収縮させるアミノ酸が含まれているためです。 頭痛は、血管が収縮して再び拡張するときに発生することがあります。 バナナは熟すほどアミノ酸が多く含まれます。 イギリスのロイヤル・ロンドン病院の研究チームは、バナナに含まれる化学物質であるチラミンが片頭痛を引き起こす可能性があると報告しました. また、トリプトファンとマグネシウムが豊富なバナナを過剰に摂取すると、眠くなりやすくなります. 実際、トリプトファンが脳に入ると、セロトニンに変換され、睡眠の質が向上します。 マグネシウムは筋弛緩剤として作用し、睡眠補助剤としても役立ちます.

▶ 高カリウム血症 =カリウムが豊富なバナナを過剰に摂取すると、血液中のカリウムが増加し、高カリウム血症を引き起こす可能性があります. 私たちの体の細胞は、細胞膜付近でナトリウムとカリウムの濃度を調節して生理活動を行っているため、体内のナトリウムとカリウムの濃度バランスを保つことが重要です。 ただし、バナナなどのカリウムが豊富な食品をたくさん食べると、体内でナトリウムが不足し、カリウムが過剰になることがあります. このとき、高カリウム血症になると、筋肉の麻痺や息切れ、心臓発作などを起こすことがありますので、適量を摂取する必要があります。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です