ナスダック上場の韓国系ラーメン店

「よしはる…」ジェームス・チェ、CEO
OCでのオープンから6年後
5年以内に時価総額1億ドルを目指す
「世界のラーメンチェーンになる」

吉春をナスダックに上場したジェームス・チェCEOが抱負を明かす。

南カリフォルニアにある韓国人経営の日本のラーメン専門店がナスダック市場に上場した。 フードサービス メディアのレストラン ビジネス オンラインは次のように述べています。

話題の企業は日本のラーメン店「吉春グローバル株式会社(CEO ジェームス・チェ)」。 同社は9日、ナスダック市場でティッカーシンボル「YOSH」で取引を開始した。

同社によると、同日にナスダックに上場された合計 294 万株が 1 株あたり 4 ドルで取引を開始した。 日中のある時点で、それは市場で好評を博し、1 株あたり 6.5 ドルに達しました。

しかし、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ継続で株式市場全体が縮小し、21日の株価は1株当たり1.63ドルまで下落したが、株式市場や外食産業は吉春和の成長性に注目している。 2016年のオープンから6年で直営店8店舗に拡大したラーメン。

ラーメン屋よしはる

ラーメン屋よしはる

吉春日本ラーメンは本格的な日本のラーメンを提供しています。 2016 年のオープン時に、オレンジ カウンティは北海道スタイルのとんこつラーメンを導入しました。 各種ラーメンとともに、前菜、丼物、お弁当、サラダやデザートとして人気を博しています。

開店後すぐに口コミで広がり、現在はアーバイン、オレンジ、ブエナパーク(ソースモール)、ウィッティア、チノ、ラミラダ、イーストベールに6店舗の直営店を構えています。 本格的なコロナやサンクレメンテにも直営店がオープン予定です。 オレンジ カウンティ レジスターなどの地元メディアは、ヨシハル ジャパニーズ ラーメンをこの地域で最高のラーメン店に選出しました。 韓国人経営のラーメン店は、南カリフォルニアの地域コミュニティ レストランとして確固たる地位を築いています。

グローバルCEOのジェームス・チェ・ヨシハルは、オレンジシティに1号店をオープンして以来、すべてを計画してきました。 とんこつラーメンのスープの味を出すために、豚骨を12時間以上煮込んだという。 彼らは独自のレシピを作成し、顧客の味覚を魅了しました。

蔡社長は「義春が栄養価の高い『黒ラーメン』をラーメン市場に初めて投入した」と意気込みを語った。 チェ社長は吉春を家族向けの高級ダイニング空間のイメージにしようとした。 「当初から20代から30代の若者をターゲットにしており、インテリアもモダンに仕上げました。 「一食だけのお店ではなく、家族みんなで外食を楽しんでもらいたい。

Yoshiharu Global は、本社の規模を将来的に 40 に拡大する計画であり、5 年以内に時価総額 1 億ドルを目標としていると語った。

「年商720万ドルを達成した義春は、ナスダック上場準備(資本金約300万ドル)から1年で代表的なラーメン会社として成功を収めました。上場できたことを誇りに思います」と語った。言った。

Chae は、投資顧問会社である Apis Financial, Inc. の CEO でもあります。 「中小企業でも事業力が強く、株式上場など、初期資金さえあればいくらでも成長できる」と語った。 抱負を表明した。

ジャーナリスト キム・ヒョンジェ kim.ian@koreadaily.com


Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。