ドバイ支部を拠点に中東を攻めることにした

CNBCアラビアとのインタビュー中のWemadeチャン・ヒョングク代表。 /写真=Wemade提供

Wemade は、中東のブロックチェーン市場をターゲットにしています。 また、中東での影響力を拡大するため、Wemade は 5 月にアラブ首長国連邦最大の都市であるドバイに、国内ゲーム会社としては初めて支店を開設しました。 中東の一部の国では最近、ブロックチェーンと仮想資産 (コイン) を支持する政策を実施しているため、この地域をアンカーとして使用してグローバル市場に参入することが彼らの原動力となっています。

WeMadeのチャン・ヒョングク代表は17日、ドバイを訪問し、中東のブロックチェーン市場を積極的に攻略する意向を表明した。 CEO のチャン氏は、パブリック ニュース チャンネルである CNBC アラビアとのインタビューで、彼のブロックチェーン サービスの強みについて語りました。

チャン代表は「コイン、NFT、DeFiなどのブロックチェーン技術を応用できるゲームは、ゲーム内で生み出された経済を現実世界の外にまで広げることができる」とブロックチェーンゲームの可能性を強調した。

「Wemade は、ドバイに加えて、シンガポール、中国、日本、米国にも支社を設立し、グローバルな機能を強化しています。今年は、海外支社の設立を加速する予定です。」

Wemade が中東で前進するために積極的な措置を講じている理由は、ブロックチェーンと仮想資産を支持する一部の中東諸国の姿勢によるものです。 実際、アラブ首長国連邦とバーレーンの一部の都市では、今年初めに世界最大の仮想資産取引所であるバイナンスでのローカル運用が許可されました。

これは、Binance が昨年複数の国から撤退したこととは対照的です。 実際、Binance は英国やカナダを含むいくつかの主要国での業務停止を命じられています。 当局の許可なく事業を行っていたためです。

ただし、中東の一部の国では、ブロックチェーンと仮想資産産業を促進するための政策を打ち出しています。 バーレーン経済開発評議会の最高経営責任者(CEO)であるハリド・フメイデン氏は、「バイナンスを含む主要な業界プレーヤーと協力することで、バーレーンはブロックチェーンビジネスのハブになることができる」と語った。

ドバイ世界貿易局は、仮想資産ハブを開発するために Binance との契約にも署名しました。 別のグローバル取引所である FTX も商用ライセンスを取得し、運用を続けています。 2018年、仮想資産紛争を解決する世界初のブロックチェーン裁判所が注目を集めました。

それに伴い、Binance の本社がアラブ首長国連邦に開設されたことで、Binance が仮想資産の新しいセンターとして台頭しつつあるという憶測があります。 バイナンスはこれまで本社なしで運営されてきたが、UAEのブロックチェーン推進政策のおかげで、この国に本社を設立できたと分析されている。 Binance の CEO である Changpeng Zhao 氏も、「規制は非常に明確であるべきだ」と述べています。 「ドバイのシステムは非常に進歩的です。」

Wemade は次のように述べています。「中東は、デジタル資産やブロックチェーン技術など、今後の成長の可能性を秘めています。特に、ドバイは最近、ゲーム業界で力強い成長を見せており、政府はブロックチェーン ビジネスに対して前向きな姿勢を示しており、注目を集めています。エントリーベースとして」と彼は説明した。

チャン代表は「今後、グローバルブロックチェーンゲーム会社としての地位を確立するために最善を尽くす」と述べた。

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。