チョン・ヨンヒョの日本産業分析 韓国労働者がビルオーナー日本を心配する理由

「従業員である韓国が、建物の所有者である日本を心配するのはなぜですか?

これは、日本が危機に瀕しているときに必ず出てくるもう 1 つの反応です。 彼は、金利と配当だけで 400 兆円を超える海外資産から年間 20 兆円を稼いでいる日本を、ビルの所有者や汗で作られた製品を海外に売ることによって得られる貿易収支に泣き笑いするサラリーマンになぞらえました。月。

しかし、従業員は所有者のことを心配するべきではありませんか? 大企業の従業員が巨大な建物を所有していますが、維持費や修繕費に苦労している所有者のことを心配できませんか?

なぜ韓国人従業員は建物の所有者である日本を心配しているのか? [정영효의 일본산업 분석]

2010 年以前、日本は優良財閥のビル所有者であったため、「越えられない 4 次元の壁」を持つ経済大国でした。 多くの場合、年間10兆円以上の貿易黒字(賃金収入)を生み出すには不十分だったが、日本は利子と配当(不動産地代)で年間20兆円を稼ぐ国だった。 貿易黒字と利子・配当収入で年間20兆円を稼ぐことで、世界最大規模のアウトドア資産、つまり建物を400兆円にまで増やすことができました。 しかし、状況は変わりました。

なぜ韓国人従業員は建物の所有者である日本を心配しているのか? [정영효의 일본산업 분석]

まず、日本経済の二本柱である貿易黒字と利子・配当所得の間で貿易黒字が崩壊した。 大企業のビルを所有していた日本は、大企業で解雇された。 これは、事業を縮小して給料がゼロになっただけでなく、通帳や分割払いなどのマイナスの出費(営業赤字)が容易ではなかった状況にたとえることができます。

なぜ韓国人従業員は建物の所有者である日本を心配しているのか? [정영효의 일본산업 분석]

毎月返済しなければならないマイナスの預金通帳と分割払い(営業赤字)は、家賃(配当金と利子収入)をある程度上回っています。 継続的な赤字が続く場合、つまり、家賃で分割払いができない場合はどうすればよいですか? 建物のみを売却することができます。 日本の誇る31年目の世界最大のアウトドアアセットが揺れる。

2022 年 5 月、日本の財務省は、2021 年の日本の対外純資産は 411.1 兆円 (約 4,069,242.3 兆ウォン) で、前年同期比で 15.8% 増加したと発表しました。 2年後には海外資産が回復し、初めて400兆円を超えました。 逆転が期待されていたドイツ(315兆7207億円)との差は、再び100兆円近くまで拡大。 また、31 年連続で世界最大の対外純資産保有者の地位を維持しています。

「日本でもたまらない」という評価があるかもしれませんが、それは円安による目の錯覚です。 昨年末の円の対ドル相場は115.12円で、1年で10円以上の円安。 円安による評価益は81.8兆円。

昨年の対外資産の増加額は54兆2,141億円であったことから、円安による評価益分を除けば、わが国の対外資産は2年連続で減少していると推察される。 日本は海外資産の7割以上を外貨で保有しているため、円安になるほど多く保有しているようです。

なぜ韓国人従業員は建物の所有者である日本を心配しているのか? [정영효의 일본산업 분석]

それはまた、日本経済が発展論の国際収支段階の運命を避けられないことを意味します。 国際収支理論の発展段階とは、国際収支や対外資産構造の変化による国の興亡を段階的に説明する理論です。

国の成長ステージは、経常収支、貿易収支(賃金収入)、海外資産からの利子・配当所得収支(建物賃貸料)の3要素がそれぞれ黒字か赤字かで決まる。 ①未熟な債務国 ②成熟度債務国③債務返済国④未成熟債権国⑤成熟債権国⑥債務枯渇国の6カ国に分類されます。

未熟な債務国とは、産業開発が始まったばかりの国です。 産業を発展させるには、原材料を輸入し、海外からお金を借りなければなりません。 そのため、貿易収支や所得収支は利払いで赤字です。

成熟債務国は、産業の発展と輸出競争力の向上により、貿易収支が黒字に転じた段階にあります。 しかし、経常収支は赤字のまま。 実際、巨額の対外借入による利払い(所得収支の赤字)は貿易黒字を上回っている。

なぜ韓国人従業員は建物の所有者である日本を心配しているのか? [정영효의 일본산업 분석]

債務返済国では、産業がさらに発展し、貿易黒字が所得収支の赤字を上回ります。 経常収支が黒字になると、対外債務の返済が可能になります。 資本輸出国になる。 未熟な債権国は貿易収支が停滞しているが、対外資産の増加により所得収支は黒字となる。 貿易収支とサービス収支が「2倍の黒字」になる時期です。

成熟債権国では産業の国際競争力が弱く、貿易収支は赤字に転じるが、海外資産がさらに増加するにつれて所得収支の黒字も拡大する。 経常収支の黒字が維持される一方で、海外資産は増加し続けています。

最終段階の債務枯渇国では、貿易赤字が所得収支の黒字を上回り、経常収支は赤字に転じます。 蓄積された外部資産が解体されると、外部資産も減少します。

貿易収支と所得収支が 2 倍の黒字を記録した 2010 年まで、日本は未熟な債権国でした。 貿易収支が赤字に転じた2010年から、新型コロナウイルス感染症の発生前に、日本は成熟した債権国になった。 貿易赤字を海外で稼いだ利子や配当でカバーし、経常黒字を維持する国になった。 コロナ19の蔓延後、急激な円安で貿易赤字が拡大し、日本は債務枯渇の域に達した。

わずか 10 年間で、国家経済は急速に老化し、発展段階理論の 2 つの段階をスキップしました。 急速に産業構造が変わらなければ、日本は高齢化が進むと危惧している。

なぜ韓国人従業員は建物の所有者である日本を心配しているのか? [정영효의 일본산업 분석]

日本が羨む国といえば、ものづくり大国ドイツ。 ドイツは、ブランド価値と付加価値の高い高級車を受け入れてきました。 東ドイツとの再統一後、豊富な労働力も確保しました。 みずほ銀行の唐釜大輔チーフマーケットエコノミストは「ドイツの主要製造業の生産設備が残っているおかげで、ドイツの若さを象徴する貿易黒字の兆候はしっかりと維持されている」と分析した。

なぜ韓国人従業員は建物の所有者である日本を心配しているのか? [정영효의 일본산업 분석]

付加価値と労働生産性を高める代わりに、日本はアベノミクスによる円の導入によって人為的に業績を上げました。 しかし、1995年をピークに生産年齢が急激に低下したのは円安の影響もある。企業は生産拠点を海外に移し、国内で稼いだ利益を国内に持ち込めなくなっている。

産業競争力を失った日本は、外部環境が悪化するとたちまち貿易赤字国となる弱体化。 ということで、ご主人が心配です。

国際収支の開発段階理論によれば、韓国はいずれ建物を所有することになる。 2014 年以来、国は債務よりも多くの対外債務を持つ純債権国になりました。 少額ですが家賃を回収するミニレンタル会社になりました。 これも、韓国の労働者が建物を所有する隣人の状況を心配せざるを得ない理由の1つです。

東京=チョン・ヨンヒョ特派員hugh@hankyung.com

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です