セクション: 論説 & セクション: ニュース: ハンギョレ

日本の岸田文夫首相。 首相官邸ホームページより

[특파원 칼럼] キム・ソヨン | 東京特派員

「ちょっと寂しくてつらい時もある。」 日本の岸田文夫首相は最近、母校である早稲田大学の議員と会い、彼の闘争を分かち合ったと言われています。 彼が何をしようとも、彼の支持率は下がり、彼は 1 か月で 1 つの不幸な事件から 3 人の閣僚を強化しました。 しかし、ひとつひとつの問題を考えてみると、もどかしい状況は主に総理大臣に起因するものです。 岸田総理の人気が急上昇していた時期がありました。 世論調査によると 内閣支持率は、就任直後の昨年10月に52%から始まったが、年末から年明けにかけて56%から62%、年初には66%へと急上昇した。 岸田首相の「傾聴力」が世論を動かしたと評価されている。 その代表例が、昨年12月の臨時国会で最大の争点となった18歳未満の子どもへのコロナ19問題(10万円)だ。 当初は現金とクーポンをそれぞれ5万円ずつ配布する案として進められていたが、反対の声が高まる中、すぐに全額現金払いに方針が変更された。 自民党内で大きな影響力を持っていた安倍晋三元首相が過ちを認めたことも評価された。 2020年4月のコロナ禍の際、安倍首相はマスク不足を解消するとして「布マスク」を一方的に大量発注。 しかし、品質が悪いために在庫が積み上がり、代わりに多額の保管料を支払うことを余儀なくされました。 岸田首相は昨年12月の国会で「反省すべき点がある」と過ちを認めた。 その後、布マスクは廃棄されました。 自民党内の少数派「公智会」に所属していたので、政治クーデターを懸念していたに違いないが、世論を第一に考えた。 ロシアのウクライナ侵攻に対する強力な制裁とコロナ19の感染者数の減少により、今年7月に行われた参議院選挙で難なく勝利し、「長期政権」についての議論が頻繁に行われています。 安倍前首相が選挙運動中に射殺された後、雰囲気は劇的に変わりました。 彼の死因である統一教会と自民党の共謀疑惑が連日明るみに出て、世論は混乱していた。 私の周りの多くの日本人の知人も、「こんなことになるとは思っていませんでした。 共謀の話が深く広まっているという事実は、日本社会に衝撃を与えました。 それにもかかわらず、岸田内閣は「目隠しアウン」で対応した。 彼の言葉によると、統一教会との関係を断つと言って大規模な改造を行ったが、閣僚の中には統一教会と関係のある人物が引き続き発見された. . 先月辞任した山極大四郎景気回復担当相がその代表だ。 最終的に彼は強くなったが、「遅すぎる」という批判が平準化された. しかも、世論は安倍前首相のせいで岸田首相に完全に背を向けている。 7月の指導部決定から9月の発足までの2カ月間、国民の6~7割が指導部に反対の声を上げたが、岸田首相は前から出ていった。 世論を無視する代償は大きかった。 同社の支持率は 20 ~ 30% の範囲に落ちました。 規模の経済対策で29兆円(約279兆ウォン)を発表したにもかかわらず、支持率は上昇どころか低下した。 「政治家には期待できない」(33%)、「総理にはリーダーシップがない」(24%)などの回答が挙がった。 調査によると、日本人の43%が岸田首相が「すぐに辞任する」と信じている. 世論の恐怖は、一度信頼を失うと、それを取り戻すのは容易ではないということです。 日本だけの問題ではありません。 dandy@hani.co.kr

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です