ジャーナリスト 国民 検疫実施 外国人評論家 皮肉なネチズン

中国のジャーナリストは、検疫を強化するために外国を批判します…ネチズンは「誰が誰だ」を嘲笑します

胡世鎮「無謀な行動」…ネットユーザー「中国の方が遙かに厳しく、言うことなし」

(瀋陽=聯合ニュース)パク・ジョングク特派員=中国の政府系記者が、中国人に対する検疫を強化する各国を批判し、在留ユーザーから「実質的な二重基準」という皮肉な批判を受けた。

28日午後、中国当局を代表して環球時報の元編集長を務める胡希進氏は、中国のソーシャルメディア「微博(ウェイボー)」に「日本、インド、イタリアなど多くの国が中国人に対してPCR検査を行い、陽性であれば「理解できないが、無謀な決断だ」と述べた。

「コロナパンデミックの発生以来、米国といくつかのヨーロッパ諸国は外国人の入国を制限していますが、大規模な感染を防ぐことはできていません..

「中国における新型コロナウイルス感染症の現状は、中国でのPCR検査と入国検疫、中国国内でのPCR検査と感染経路の追跡、封鎖などの対策が長い間行われていることから、ウイルスを防ぐことは困難であり、さまざまなルートから入ります」と彼は説明した。

さらに、「ウイルスがすでに世界中に広がっている状況では、日本のように中国からの入国者を7日間隔離しても、コロナ19の流入を防ぐことはできません。」 「中国からの渡航者の入国を制限することは、一種の自己慰めであり、それが広まると、彼らはそれを責めようとする.

「そのような措置は無意味であり、次の流行の予防と制御戦略を混乱させるだけだ」と彼は付け加えた.

これに対し、中国のネチズンは「この3年間、厳格な『隔離措置』をとってきた中国は何も言うことはないと思う」「中国の防疫規制の問題点を明らかにしただけのようだ」などと否定的な反応を示した。外国を批判しようとしている。」

あるネチズンは、「あなたがそのような主張をすると、中国があなたに反対していると聞き、他国から好意的な反応を受けずに国際的な「追放者」になる.

別のネチズンは、「海外から来て、釈放されるまで14日間『投獄』された経験がある」と語った。 そんなことなかったの?」と尋ねた。

コロナ19の発生直後、感染者を一人も許さない「ゼロコロナ」を実施した中国は、入国前に2回のPCR検査の陰性を義務付け、ホテルや住居での自主隔離による厳格な検疫管理を実施入国後一定期間。 .

特に、昨年末に「隔離14+7(ホテル隔離14日、自主隔離7日)」が発令され、東北地方ではさらに長い「隔離28日+28日」が実施された。動揺を引き起こした。

その後、隔離期間は徐々に短縮されてきましたが、先月の緩和後も「5+3隔離(ホテル隔離5日、自主隔離3日)」を維持しています。

検疫期間中に結果が陽性の場合、彼らは専用のコロナ 19 病院に移送され、2 回続けて陰性となるまで検疫されます。

宿泊費と病院代は隔離された人が全額負担するが、ホテル代は相場よりもはるかに高く、病院代を含めると1万元(約181万ウォン)を超えるケースもある。 彼は追いつこうとしていた。

中国の国家衛生健康委員会は27日、追加の防疫措置として来月8日から受入施設での防疫を解除し、国民の普通旅券の発給を段階的に正常化すると発表した。コロナ19の蔓延。

pjk@yna.co.kr

(終わり)

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です