ガホがメタバースの世界に出逢う! 「XRオンラインコンサート」開催

シンガーソングライターのガホがメタバースコンサートを通じて世界中のファンと出会う。

フィル&アート・コンテンツ・ラボによると、1日にはメタバースXRのオンラインコンサート「ファンタジーコンサートwith画報」が開催される。

先月28日、所属事務所プラネタリウム・レコーズ(PLT)は28日、公式SNSアカウントを通じて8日午後2時から行われるガホのオンラインコンサート「ファンタジーコンサート with ガホ」のティザー映像を公開した。バーチャル空間で熱唱する姿が公開され、パフォーマンスのコンセプトに対する好奇心を刺激した。

XRは、現実世界に仮想3D空間を実現する没入型コンテンツ技術です。 しかし、技術的な障壁や制作費の高さから、一般の代理店や芸能事務所にとってはなかなか取り組めない領域でもありました。

Feel & Art Contents Lab は、Red-Spy、Zero Density、Vive、Lidar などのさまざまな XR 機器を組み合わせて、カメラ内 VFX テクノロジを実装します。 率直な議論やゲームを通じて、大衆とのコミュニケーションを図る予定です。

「ガホとのファンタジーコンサート」は、ガホがドキドキしながら準備した物語と、地下ダンジョンから果てしない花畑までのガホのナレーションが盛り込まれている。 Feel & Art Contents Lab は、残念ながら会うことができなかった観客のための舞台として、映画のようなストーリーとテクノロジーでファンを熱狂させたいという大胆な野望を残しました。

一方、画報は最近シングル「Beautiful Night」をリリースし、国内外で活動中。 8月27日、インドネシアのジャカルタで開催された「CHOTHA FEST」に参加し、「梨泰院クラス」のOST「Start」を60分間歌ったほか、インドネシアの代表曲「Cinta Luar Biasa」を熱唱した。ニュースや芸能番組への出演でインドネシアのファンを魅了し、10月にはフィリピンで1万席規模の公演「HALLYUWEEN PH 2022」も予定されている。

その後、ガホは韓国はもちろん、日米欧の海外ファンからも大きな関心を集め、海外への影響力を拡大する計画で、国内外の公演を精力的にこなす。

一方、XRオンラインコンサート「Fantasy Worlds with Gaho」のチケットは英語版Momentと日本版Mahocastで販売され、韓国を含むグローバルチケットはHello Liveを通じて販売されている。

インターネット電子新聞 ホン・ウネ記者 (gracehong@etnews.com)

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です