オリンピック:スポーツ:ニュース:ハンギョレモバイル

ネイサン・チェン(アメリカ)と羽生結弦(日本)。 新着

完璧な4周と不完全な4.5周の対立。 2022年の北京冬季オリンピックでの男子個人フィギュアスケート競技会は、このように凝縮されています。 この大会は、羽生結弦(28歳、日本)とネイサン・チェン(23歳、アメリカ)のチャンピオンシップマッチとなる予定です。 国際オリンピック委員会(IOC)の公式ウェブサイトである「オリンピックチャンネル」によると、羽生と陳は2016-17シーズンのグランプリファイナルで最初に会いました。 当時、ソチ2014冬季オリンピックの金メダリスト羽生が満開で、4周で5回のジャンプを自由にこなした「ジャンプマシン」のチェンが注目を集めました。 この時、羽生は陳を10点以上上回った。 2017年の四大陸選手権では陳が優勝し、1か月後に開催された世界選手権では羽生が表彰台のトップに立った。 オリンピックシーズンである2017-18シーズンでは、チェンは少し先を行っていました。 ジャンパーが上手なだけでなく、表現力もあるからです。 また、2018年平昌冬季オリンピックで羽生結弦が2度目のオリンピック優勝を脅かすと予想されていたが、オリンピックデビュー戦で陳は2度落ちてショートプログラムで17位に留まり、6回の4回ジャンプ(4周)を終えて1位となった。フリースケートでしたが、彼は最後の5位に落ち着かなければなりませんでした。 。 羽生は落ち着いたパフォーマンスで2回連続優勝(ショート1位、フリー2位)。 それから4年が経ちました。 イェール大学に入学したチェンは、勉強とスポーツのバランスを取りながらオリンピックに備えました。 クワッドジャンプの完璧さが改善されました。 チェンは、2021年世界選手権で羽生を大きなスコア差(31.7ポイント)で破るなど、最近の対決で優位を維持しました。個人的なベストスコアに関しては、チェン(335.30)が羽生(322,59)を上回りました。 ショートプログラムの最高得点は羽生(111.82、陳111.71)ですが、無料では陳(224.92、羽生212.99)が優勢です。 ご存知のように、羽生も四重アクセルを完成させるために一生懸命働いた(空中に4.5の塔、前にジャンプして逆さまに着地した6つのジャンプのうちの1つだけ)。 これまでのところ、公式大会で4軸を「クリーン」にした(フィギュアスケートでテクニックを完璧に実行した)人は誰もいません。 二人は、何年にもわたる確執の後でも、お互いを尊重し、賞賛していることで知られています。 メディアの取材で、羽生は「陳はとても頑張っている。 『どうしてこんなに頑張っているの?』と言った」「陳と競争するのが好きだ。合計得点だけで300点以上だったら、一人だったでしょうが、チェンの存在が私を動機づけます。チェンはまた、「羽生は史上最高の選手です。 長い間憧れていた選手と一緒に氷上で過ごせるのは素晴らしいことです。 スウェーデンのイリス・グラフストロム(1920、1924、1928)が6日北京に出場して以来、初めて冬季オリンピックのフィギュアスケートで男子シングル3連覇を目指す羽生結弦選手がチームイベント(銀メダル)に出場4日、ショートプログラム(111.71ポイント)を消化してウォームアップを終えた。 8日午前10時15分(韓国時間)から行われる男子個人ショートプログラムでは、羽生が21日、陳が28日となる。 トップ10を目指すチャ・ジュンファン(21、高麗大学校)は羽生と同じグループで23位、イ・シヒョン(22、高麗大学校)は7位。 ジュンファンチャは、コートで1回、フリーで2回、クアッドジャンプを試みます。 参加選手30人中24位は10日に行われるフリースケーティング大会に出場する機会があります。キム・ヤンヒスタッフレポーターwhizzer4@hani.co.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。