イ・デホの後継者ハン・ドンヒ… 後輩たちの勝利を願っています。

「『勝てなかったから』50点…個人成績は良い」
「ファンの愛に報いるため、引退記念に1億ウォンを寄付」

韓国プロ野球シリーズ優勝という最後の夢を果たせずに退団した「朝鮮4番打者」イ・デホ(40・ロッテ・ジャイアンツ)は、後輩たちに後輩たちに「ついて来てほしい」と頼んだ。

イ・デホは8日、釜山の社稷競技場で行われるLGツインズの試合を前に「幼い頃から大好きだったロッテに勝てず、心が重い。

「他のロッテ選手がチームを離れないように、グループで力を発揮してください」

ロッテと2021年までの2年間の契約を更新する際、勝てば1億ウォンを寄付すると決めていたイ・デホは、勝てなくても寄付することにした。。

後任には高校3年生のハン・ドンヒ内野手(23)を指名した。

以下は、イ・デホとの質疑応答です。

[일문일답]    イ・デホ "後任はハン・ドンヒ。 ジュニアの優勝を願っています。"

――引退の感想は?

▲震えあり、期待あり、落胆あり。

会いに来てくれて本当にありがとう、愛されながら去ることができてとても幸せです。

――朝、出勤するとき、家族とどんな話をしましたか?

▲娘が体調を崩し、朝から病院へ。

父親が定年退職したため、娘も休む必要がありました。

風邪をひいて病院に行きました。 娘が病気だったので、悲しんでいる暇はなかったようです。

お父さんに泣くなと言う代わりに、女の子は病気のようです。

――最後に感じたのはいつですか?

▲オールスターゲームが終わった後の実感は本物。

ファンが私に与えてくれた愛を感じ、引退する時が来たと思いました。

10月8日(引退式の日)は来ないと思っていましたが、早く来て残念でしたが、最終戦の好結果に笑顔で帰ります。

――野球場への旅はいかがでしたか?

▲「これで本当に最後だ!」と思いました。

夜明けのようにサインを求めて並んでくれたファンに感謝します。

全部はできなくても、心は遊び以外は全部したかった。

野球選手として、野球場で良い面を見せようとしています。

――今日の試合で最後にやりたいことがあるとすれば。
▲そんなことはありません。

せっせと一生懸命準備したので、結果は予想以上に良かったです。

優勝したいから帰ってきたって言ってたのに、後輩に荷物預けてごめんね。

私が辞めても、自分の野球の技術や専門性を後輩たちに伝えていきます。

[일문일답]    イ・デホ "後任はハン・ドンヒ。 ジュニアの優勝を願っています。"

――引退した翌日の明日の予定は?
▲引退ツアーの準備でなかなか眠れませんでした。

引退演説の準備中にサインをしたり、涙を流したりしたことでしょう。

私の娘は風邪のために夜に咳をしていました。

明日は日曜日、明後日は祝日なので家で休む予定です。

――特別な引退式のユニフォーム(コンリョンポモデル)はいかがですか?
▲好きです。

赤が好きって言ってたけど、思ったより綺麗だった。

ファンの方々がすでに準備をしてサインを求めて持ち込んでくださっているのを見て、ただただ感謝しています。

――今日の試合前の最後のトレーニングはいかがでしたか?

▲今日が後輩たちに言える最後の言葉です。

制服を着るのもこれが最後だと思いますし、言いたいことは全部言えたと思います。

後輩たちの成長を助けて成績を上げたいです。

――野球人生を振り返って、印象に残っているシーンがあれば
▲記憶に残る試合が多い。

オリンピックやアジア大会。 代表チームは特に印象的です。

振り返ってみると、2006 年ドーハで開催されたアジア競技大会で初めて代表チームとしてプレーしたときのことを覚えています。

成績が良くないと批判されたのを覚えています。

勝って金メダルを取ればみんなに愛されますが、選手として覚えているのは頑張って結果が出なかったときです。

一生懸命頑張ってきたのに、ファンの皆さんに伝えられないことが胸が痛いです。
代表チームを代表することは名誉なことですが、性的ストレスも引き起こします.

アスリートも人ですから、頑張ってみませんか?

選手も勝ちたい。

たくさん準備しましたが、成績が良くないときは慰めてくれれば、もっと上手になれると思います。

うまくいかなかった私を慰めてくださると、韓国野球の発展につながります。

[일문일답]    イ・デホ "後任はハン・ドンヒ。 ジュニアの優勝を願っています。"

――寄付プランは別途発表されていましたね。

▲ クラブは私のために寄付(1億ウォン)するそうです。

2年前にロッテと契約した時、勝てばオプションで1億ウォンを出すと賭けた。

ファンとの約束を守れなくてごめんなさい。

リトリートツアー中、寄付したお金で手術をして健康を取り戻したと知り、涙が出ました。

チャンピオンシップを提供することはできませんが、妻と相談した結果、1億ウォンを寄付することにしました。

助けが必要な人を見つけて、賢く利用します。

――ロッテでは勝てませんでしたが、日本では勝てました。

▲ソフトバンクチャンピオンシップで優勝したときのインタビューを思い出します。

そこで勝てたのもよかったし、日本人選手と一緒に洗い流してシャンパンを振ったのもよかった。

その時、「幼い頃から夢見ていたロッテが勝ったら、もっと泣いて、釜山のファンにもっと感謝されるだろう」と言いました。

最後に、約束を守れなくてごめんなさい。

ロッテファンの皆さんが待ちに待った優勝を目指して、後輩たちもチーム(ロッテ)も頑張ってほしいと思います。

――引退シーズンの成績がよかったと自負していますか?

▲今年で引退を考えていて、最後までいい姿を見せたかった。

うまくいくかどうかはわかりませんが、がんばりました。

最終的には、良いイメージを持って外出することが私の信仰に報いると思いました。

思ったより幸運でした。

あなたのおかげで、私はとても愛を込めて去ります。

[일문일답]    イ・デホ "後任はハン・ドンヒ。 ジュニアの優勝を願っています。"

–社稷スタジアムはいつ再開できますか?

▲本物の社稷球場には来られないと思います。

あなたが来ると涙が出てきます。

私は20年間あちこちにいました。

私はすべてがどこにあるか知っています。

知らず知らずのうちに制服を着なきゃいけない気がしてきそうです。

私はバットを拾わなければならないと思います。 全身全霊を使ってのハードワークですが、残りの試合と9セットに向けて頑張ります。

――チェ・ドンウォンの後は正社員でした。

▲ チェ・ドンウォンのおかげで野球をした。

後輩たちがチェ・ドンウォン選手の精神力をもっと知ってくれれば、早く優勝できると信じています。

犠牲の精神がなければ優勝はありませんでした。

私が後輩にいつも言っているのは犠牲です。

体調が悪い、または休みたいという理由で休むことは、チームにとってマイナスです。

幼い頃から、無条件に実行しなければならないことが私の心の基本でした。

けがも贅沢と見なされていました。

— 後任者を選任する場合。
▲ ハン・ドンヒは今、私たちのチームで最善を尽くすと思います。

ファーストチームにはキム・ミンスとかホームランを打てる選手がいる。

これらのプレーヤーは突然改善する可能性があります。

ポテンシャルの高い選手なので期待して応援したいです。

— 韓国、アメリカ、日本の3カ国での経験。

▲日本も挑戦しましたが、アメリカは本当に諦めて去っていきました。

(2017年)韓国に戻ったとき、元気になったときに戻ってきて、ロッテファンにチャンピオンシップを紹介したかった.

私にはそれができません。私は罪人だと思います。

罪悪感を感じて立ち去りますが、快適ではありません。

[일문일답]    イ・デホ "後任はハン・ドンヒ。 ジュニアの優勝を願っています。"

――リーダーになる夢はありますか?

▲機会があれば、ロッテで一緒に働いた選手やコーチと一緒に仕事をしたいです。

――後輩たちはよく泣きました。

▲ (カン)ミンホはサムスンにいるべきではない選手だ。

本当にカン・ミンホとソン・アソプはロッテに骨を埋めなければならない選手で、とても痛い。

ミンホとアソプは共に辛い時期を共に過ごした後輩だ。

「合言葉」の頃(成績悪かった)からずっと一緒です。

これらの選手がロッテにいないという事実は、ロッテが宝石を失ったことを示唆しています。

先輩として、すいません。

次(ロッテのシンボル)はカン・ミンホかと思ったが残念。

アプソプも頑張りました。

別のチームに行きましたが、うまくやりたいです。

でも将来、ロッテの良い選手が他のチームに行かないことを願うばかりです。

――投手として入団しましたが、引退試合で投手として退場できますか?

▲20年かけて準備してきたけど、うまくいくか分からない。

アメリカではビルドアップ(先発)で代打でホームランを打った記憶があります。

――自分の野球人生を切り開くなら。
▲50目。

個人的なメモは良いと思います。

私はあなたを本当に愛していて、あなたがいなくなってとてもうれしいです。

でも勝てなかったから小さい頃から大好きだったロッテを離れると思うので50点だと思います。

/ユンハプニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です