『ゴースト』、2023年1月18日公開…予告編の好奇心↑


[SBS 연예뉴스 | 김지혜 기자] 「信者」イ・ヘヨン監督の新作「ゴースト」(イ・ヘヨン監督)が2023年1月18日に公開されることが確定した。

「ゴースト」は、韓国の日本の総政府内の反日組織によって植え付けられた幽霊をスパイしていると信じられている、離れたホテルに閉じ込められた容疑者の止められない現実の幽霊作戦と、疑いを打ち破って逃げるための必死の闘いを描いた映画です。 1933年の京城。

個性あふれるポスターは、1933年の日本統治時代を背景に俳優ソル・ギョング、イ・ハニ、パク・ソダム、パク・ヘス、ソ・ヒョヌの新たな変身を予告している。同時に、崖っぷちのホテルが一目でわかる。

反日組織「黒の部隊」のスパイや亡霊を捕まえるための罠であるホテルは、出口のない崖の上にある。 誰も一人では外に出られない要塞のようなホテルの全景は、「捕らえられるべき者」「疑いを持って生き残らなければならない者」「本物」の緊迫した物語の始まりを告げる。それは捕まえてはならない」。

日本の警察の制服を着て警戒する表情の村山淳二役のソル・ギョングと、パク・チャギョンのように襟付きのコートで複雑な内面を隠しているように見えるパク・チャギョン。総督府で暗号文登録を担当する韓国人だが、インザの秘書レベルに達したユリコ役のパク・ソダム総督と、カイト役のパク・ヘス。日本軍の制服を着たボディーガードのタカハラと、通信と暗号解読を担当するソ・ヒョヌは、これまでにない新しい姿に変身する.共存できない緊張。

おばけ


一緒に公開された最初の予告編は、物語の始まりを真剣に明らかにし、キャラクターがお互いを疑い、自分自身のために立ち上がり、容赦なく行動することを示しています.

パク・ヘス演じるパク・ヘスが、朝鮮総督府の奥深くで反日組織のスパイ幽霊を捕まえるために罠を仕掛けるカイトのセリフで展開される最初の予告編は、キャラクターがアクションと衝突し、さまざまな色が反対することを示しています。蒸し暑い音楽の背景。 これはダイナミクスそのものを示しています。

皆平等に幽霊の疑いをかけられているので、無実を証明するか、生き残るためにはお互いを告発しなければならないというカイトの言葉は、抜け道のない深い疑惑と監禁の罠を示しています.

離島の断崖絶壁に建つホテルから始まった密室ミステリードラマ「Who’s the Ghost?」の枠を超え、次々と登場する登場人物たち。

警察署のジュンジ役のソル・ギョングは容疑者なのに「幽霊ですか?」と幽霊を捕まえようとするパク・チャギョン、安全装備で手りゅう弾にライフルを向けるイ・ハヌイピンを外し、ライフルを自分に向けるイ・ハヌイは、銃の前でも自信に満ちた表情と手の仕草で自分に向けた。 パク・ソダムは政務局長の秘書ユリコ役で、見るだけで正体が分からなくなり、パク・ヘスは罠の設計者カイト役で日本人の演技が視聴者を動揺させる。彼女が韓国の女優であることを忘れるほど、何とかしてその状況から抜け出そうとします. 「チョン・ゲジャン」でチョン・ゲジャンを演じたソ・ヒョヌも、息をのむ間も無く交互に登場し、悲劇の時代を燃えるようなエネルギーで色とりどりに振るう彼らの姿は、本格化する対日スパイゴースト作戦が気になる。

『ゴースト』は2023年1月18日公開。

ebada@sbs.co.kr

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です