「eスポーツサッカー大会も韓国を応援すべき」 – 全南日報

「e-Sportsサッカー大会も韓国を元気づけるはず」

2022年光州全国eスポーツ大会
FIFA Online 4 国際親善試合
韓国、日本、ベトナム、3カ国の勝者「ジャウン」
ファン「韓国はオンライン最高」
「光州eスポーツ普及の取り組み」

チョン・ソンヒョン記者 jung@jnilbo.com

投稿日 2022-11-30 17:43:56

30日、朝鮮大学eスポーツ競技場で2022光州グローバルeスポーツ全国大会が開かれ、韓国対ベトナム戦が繰り広げられている。 ジャーナリスト キム・ヤンベ

「ワールドカップのシーズンです! 最近のガーナ戦での敗戦はとても悲しかったですが、今日の韓国の勝利は私に勇気を与えてくれます!

30日、光州の屋内競技場で韓国サッカーの勝利の声が響いた。 誰もが赤い光る棒で韓国を応援し、立ち上がって全身で「ファイト」と叫び、韓国の勝利を心から願った。

実際、光州市東区西石洞にある光州eスポーツ競技場で「韓日ベトナム光州全国eスポーツ大会2022」が開催された。

この大会は、生活のトレンドとなっている電子スポーツを通じて、韓国、日本、ベトナムの文化と生活を交流するために推進されました。 文化体育観光部、光州市、光州文化情報産業振興院、アジア電子スポーツセンターが主催・監修した。

試合は、ワールドカップのシーズンに合わせて、サッカーベースのゲームである FIFA Online 4 (Nexon Korea) として選択された 3 ラウンドで行われました。 試合形式は各国1対1の対戦で、勝ったチームが直接決勝に進出。 特に、本大会は「FIFA Online 4」初となる1,000席以上のeスポーツスタジアムで開催されるオフライン大会であり、開催前から多くの地元の注目を集めました。

学生のイ・ソンドクさん(21)は、「数日前、FIFAのeスポーツ大会が光州で開かれることを知った。 普段から楽しんでいるゲームなので、朝の授業が終わってすぐに駆けつけました」 大規模な大会はあまり開催していないのですが、最近はeスポーツファンとしてとてもありがたく思っています。たくさんの楽しみがある一連のトーナメントを開催しました。」

この興奮は市民だけでなく、参加選手にとっても同じでした。

全国大会で韓国代表キャプテンを務めたヤン・ジュノは、「光州出身の私にとって、この場所はとても馴染みのある場所です。韓国代表として戻ってくるという大きな使命感を感じています」と語った。 ほとんど何もないけど、いいところでたくさんの方と一緒に吹けるのが嬉しいです。

30日、光州市東区光州eスポーツセンターで「2022韓日ベトナムeスポーツ全国大会」が開かれ、韓国チームが試合を控えている。 ジャーナリスト チョン・ソンヒョン

30日、光州市東区光州eスポーツセンターで「2022韓日ベトナムeスポーツ全国大会」が開かれ、韓国チームが試合を控えている。 ジャーナリスト チョン・ソンヒョン

日本チームが30日、「2022年韓日ベトナム全国eスポーツ大会」が開かれた光州市東区光州eスポーツセンターで親指を立てている。 ジャーナリスト チョン・ソンヒョン

日本チームが30日、「2022年韓日ベトナム全国eスポーツ大会」が開かれた光州市東区光州eスポーツセンターで親指を立てている。 ジャーナリスト チョン・ソンヒョン

30日、光州市東区の光州eスポーツセンターでベトナムの選手たちが親指を立てている。

30日、「2022韓日ベトナム全国eスポーツ大会」が開かれた光州市東区の光州eスポーツセンターでベトナム選手たちが親指を立てている。 ジャーナリスト チョン・ソンヒョン

30日、光州市東区光州eスポーツセンターで「2022韓日ベトナムeスポーツ全国大会」が開催され、観客は熱烈な拍手を送った。 ジャーナリスト チョン・ソンヒョン

30日、光州市東区光州eスポーツセンターで「2022韓日ベトナムeスポーツ全国大会」が開催され、観客は熱烈な拍手を送った。 ジャーナリスト チョン・ソンヒョン

椅子に座った観客は、ゲームの開始時に目の前に広がる大きな電子スコアボードを見ました。 1005席の広々とした室内と高解像度LEDスクリーンで構成された「メインスタジアム」は、観客をゲームに完全に没入させることができました。

韓国チームの選手がボールを持って動くたびに、観客は大歓声を上げた。 相手のゴール近くでシュートを打つときは、みんなで「う~う~!」と立ち上がります。 お願いします!’

この日のハイライトは、韓国代表チームと日本代表チームの最終戦でした。 「カタールワールドカップ2022」のベスト16に向けて両国はグループステージで激戦を繰り広げており、この試合にも多くの注目が集まっています。

せっかちで応援棒を振っていたチョン・ジェヨン(17)は、「高校時代、日韓戦を観戦するために特別授業を申し込んだ。今は日本代表だ。 「どちらが勝つか楽しみです。とても興味深いですね。両国はワールドカップで良い成績を収めているので、楽しいオンラインゲームもあるといいのですが。個人的には韓国が無条件で勝つと思います。」

ファンの願いが叶ったのか、韓国が2連勝で優勝。 2位は日本(1勝1敗)、3位はベトナム(2敗)。

残念ながら2位に終わった日本チームは「負けたけど貴重な経験ができた。

日本代表の荻田史佑主将は「韓国代表は多くの予選を突破した『強い選手』として知られている。実際、彼らは非常にうまくやっている」と語った。この場所の歴史と文化を体験する光州。 今後もこのような大会があれば参加したいです。

主催者は、「地元のeスポーツの活性化を刺激する」と述べた.

光州アジアeスポーツ産業支援センターのキム・ヒョンウ所長は、「この大会は、光州市の『日本・ベトナム姉妹都市』協定の延長として推進された。光州は世界的に有名になった」と語った。 「私たちは、それに関連するコンテンツを継続的に宣伝し、発見することにより、光州でeスポーツの基盤を拡大するためのイニシアチブを引き続き取ります」と彼は言いました。

30日、光州市東区光州eスポーツセンターで「2022日韓ベトナム光州eスポーツ全国大会」が開かれたベトナム応援団が旗を振っている. ジャーナリスト チョン・ソンヒョン

30日、光州市東区光州eスポーツセンターで「2022日韓ベトナム光州eスポーツ全国大会」が開かれたベトナム応援団が旗を振っている. ジャーナリスト チョン・ソンヒョン

「2022韓日ベトナムeスポーツ全国大会」の最終結果。 光州eスポーツ産業支援センターアジア提供

「2022韓日ベトナムeスポーツ全国大会」の最終結果。 光州eスポーツ産業支援センターアジア提供

Kono Makoto

「ベーコン愛好家。筋金入りのツイッター愛好家。流行に敏感なポップカルチャーの専門家。学生。認定ビールマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です