「脱毛逃避」の光明が見えてきた… 毛包と人工毛の育成に成功

複製された毛包の上皮と「オルガノイド」間葉毛包との間の相互作用の原理

日本の研究者は、毛包と人工毛の成長に成功し、脱毛治療に新たな希望をもたらしています. [사진=클립아트코리아]

ハゲに朗報. 実験室での人工毛包と毛髪の成長に成功. 21仕事(現地時間) Science Advances に掲載された日本の横浜国立大学の研究者による記事に基づいて、アメリカの健康医学ウェブマガジン、Health Day が報告しました。.

成熟した毛包、毛根と毛髪ストランドが成長する管状構造が発達し、もちろん、数週間後に毛包が 3数ミリの毛が生えた. 横浜国立大学の研究成果は、実験室の培養皿で幹細胞を人工的に増殖させた細胞塊であるオルガノイドを利用しています。.

胚が幹細胞から発生するとき、上皮の外層とその下の間葉組織(間充織)毛包は、毛包と呼ばれる結合組織間の相互作用により形成されます。. 過去には、「上皮」は実験室で毛包を生成するのに十分でした.間葉相互作用(EMI)‘の原理がわかりませんでした. 横浜国立大学 研究者は、上皮細胞と間葉細胞の間の距離を一定に保つことを学びました。 NDE彼は、クローン化に成功したと言いました.

このように、毛包は、インビトロでの毛包の生成および毛髪培養の成功によって誘導される。髪の伸び研究チームは、白髪予防の研究に役立つはずだと述べています。. 横浜国立大学 福田順治教授 研究主任(エンジニアリング)「私たちの次の目標は、ヒト細胞の in vitro 生産を通じて創薬と再生医療をサポートすることです。」.

ハン・ゴンピル記者

hanguru@kormedi.com

「著作権 ⓒ 『健康のための正直な知識』コメディ.com(https://kormedi.com)/無断転載・再配布禁止」

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です