「結婚は嫌」…フランスでの「シングル出産」1年

◀ アンカー ▶

フランスでは昨年、不妊治療にしか使えない人工授精が、独身女性と同性カップルを対象に認可された。

韓国では、アニメーターの小百合さんが先日来日し、このような子を出産したことで、未婚出産への関心が高まっています。

チョ・ミョンアはパリ特派員。

◀ レポート ▶

ボーイフレンドと6年間付き合った後、ビジューは子供を望んでいない恋人と別れた.

30代半ばになった頃、人工授精による受精による妊娠を決意。

[비쥬/싱글 인공수정 출산]
「女性には多くの機会があり、ある時点で、生物学的な時間がそれらに追いつくことができなくなります。あなたはいつでも子供を持つことができる自由でなければなりません…」

同性愛者のマーゴも人工授精で双子の女の子を出産した。

結婚はしたくありませんでしたが、子供を産んで育てたいと思っていました。

フランスは昨年9月から、人工授精などの生殖補助技術による妊娠を合法化しているが、これは異性愛者のカップル、未婚の女性、同性の女性カップルにのみ許可されていた。

合法化以来、11,000人以上の申請者がいます。

候補者は、医学的、法律的、精神的カウンセリングなどのプロセスを経て、母親になるための資格が1年にわたって判断されます。

イギリス、日本、スペイン、イスラエルなどでは人工授精によるいわゆる未婚出産が合法化されているが、韓国では放送局のさゆりさんが2年前に来日し、人工授精で出産したことが話題になった。

韓国の国家人権委員会は7月、「未婚女性の体外手術を制限することは差別である」との修正を勧告した。

2年前に韓国で行われた調査では、回答者の30.7%が結婚しなくても子供を持つことができると答え、10人に3人に上った.

しかし現実には、社会的合意を必要とする壁に阻まれています。

パリのMBCニュースのチョ・ミョンアです。

MBC ニュースは 24 時間あなたのレポートを待っています。

▷ 電話 02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷ カカオトーク@mbcレポート

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です