「糖尿病」という名前は変わりますか?

漢字は韓国で書かれていない、意味がわからない、用語を変える必要性を感じない

インスリン分泌を司る膵臓のイメージ。 インスリンが正常に分泌されないと血糖値が上がり、糖尿病になります。 [사진=magicmine/게티이미지뱅크]

日本の医学界は、糖尿病の名称変更を推進しています。 「尿」糖尿病のイメージが悪いからこそ、全国の医学界はどう考えているのだろうか。

NHKの第20回報道によると、日本糖尿病協会などの関連企業は、1~2年以内に糖尿病の新しい名称を考え出す予定です。 糖尿病(糖尿病)の漢字は「尿に糖が混じる病気」で、尿を意味する「にょ」は、病気のように汚く汚すために付けられています。

すべての糖尿病患者が尿中のブドウ糖を測定しているわけではないため、名前の関連性は疑問視されています. 糖尿病という用語が最初に造られたときは、糖の存在が尿検査によって決定されたことから名付けられましたが、現在、糖尿病は血糖検査によって決定されます. 糖尿病は、1907 年に日本内科学会によって造語された用語で、現在も韓国で使用されています。

糖尿病名、意味的に不適切・・・変更注意

日本が正式に糖尿病の名前を変更する可能性が高まるにつれて、韓国では変更が必要かどうかを尋ねる声が高まっています. これについて、大韓糖尿病協会の関係者は「日本では漢字が混じっていてネガティブなイメージが強いようだが、韓国語で書いているため、糖尿病という言葉が世間に認知されていないようだ」と話した。非常にネガティブな方法です。 」

「糖尿病という用語は政府機関や法律でも使用されているため、同社は糖尿病という名前が適切かどうか、または変更すべきかどうかを検討していません。」

専門家は、糖尿病という用語は現在の医療行為や技術と一致していませんが、用語を変更する際には注意が必要であると説明しています. ソウル聖母病院内分泌科のユン・ゴンホ教授は、「糖尿病という用語は、なぜ尿中に糖が出てくるのかわからなかったずっと前に造られた.尿中の糖排泄は、高血糖によるものです」と彼は言いました。

「世界中で広く使われている言葉なので、簡単に変えることはできないと思います」

糖尿病は英語で「diabetes mellitus」と呼ばれ、語源のギリシャ語は「砂糖の無駄遣い」を意味します。 同社の関係者は「ブドウ糖はカロリーとして使われず、尿として無駄になるので、糖尿病と同じように考えることができる」と語った。 説明は、英語の名前も尿中の糖の排泄の病理学的現象を反映しているということです.

統合失調症、てんかんが変化… 認知症の用語に関する論争が進行中

国の医学界は糖尿病の名前の変更について真剣に議論していませんが、名前が変更される可能性は完全にはありません. 今年初め、同社は大統領公約として「1型糖尿病」から大統領選挙委員会に名前を変更することを申し出た. 1型糖尿病は、膵臓の機能障害により生涯にわたってインスリン投与が必要であり、障害として認識されるべきであるため、「膵臓障害」という用語がより適切であると提案されています。 1 型糖尿病患者はインスリンを注射しないと昏睡状態になるため、より直感的な用語が必要であると言われています。 現在、社会は1型糖尿病を膵臓の病気とみなし、重篤な難病に指定するべきであるという立場を維持しています。

日本が病名を変えた後、韓国でも用語が変わった代表的な例もある。 日本精神神経学会が「統合失調症」を「硬化障害」に改称し始め、2002年に病名が変更された。その後、韓国では韓国統合失調症学会が改名を推進し、2012年に法制化が発表された。名前を統合失調症に変更します。 協会の名前も大韓統合失調症協会になりました。

てんかんからてんかんへの変更は病名変更の代表例です。 大韓癲癇学会は癲癇による社会的スティグマが深刻であると判断したため、2012年に用語を「癲癇」に変更し、2014年には法的用語を癲癇に変更する見直しが発表されました。

現在、病名変更で一番騒がれているのは「認知症」です。 2004年、日本は認知症を「認知症」に改め、関連法を改正しました。 認知症をそのまま解釈すると、「愚かで非常識」という意味になります。 これは、患者とその介護者に恥をかかせる可能性があります。 韓国では、大韓認知症協会が認知機能低下や記憶喪失などの代替用語を研究していますが、名前の変更には慎重です. 前回の国民意識調査では、認知症の病名をそのままにするか変更するかは45%の人が問題ないと答え、28%がそのままにしておくべきだと答えたため、70%以上の人が変更の必要性を感じていませんでした。用語。 漢字に慣れていない韓国人は、認知症の意味よりも漢字を変えることによる不便さや混乱を意識している。

病気の名前を変えるためには、人々の反応のような社会的合意に達する必要があります。 糖尿病は名称の意味を変更する権利がありますが、実際に変更を進めるためには、一般市民の名称に対する認知度を調査するなど、見直すべき課題があります。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です