「百年の哲学者、生きる意味!

(日刊大邱慶北ニュース=キム・ヒョンマン記者) 大韓民国最高の哲学者であり韓国最高の知識人であるキム・ヒョンソク延世大学名誉教授(103)が11月23、24日の2日間、慶北道庁を訪問して、地元の文化芸術家、ビジネスマン、政府関係者など、多くの人々の生活を支えています。 彼は素晴らしい教訓を教えてくれました。

キム・ヒョンソク教授は、哲学者、エッセイスト、延世大学名誉教授です。 彼は 1920 年に平安北道で生まれ、育ち、日本の上智大学で哲学を学び、延世大学で哲学の教授を務めました。 1954年以来。

彼は韓国の抒情詩人ユン・ドンジュに師事し、学生時代は独立運動家のアン・チャンホとソ・ジェピル博士の講義を聞いて激動の時代を体験した。 半島。

「生きた歴史書」や「百年哲学者」などの修飾語を添えて、百年健康時代の新たなアイコンとして大きな反響を呼び、やさしさと謙虚さを兼ね備えた代表的な知的国民として今日を生きることを教えてくれます。

キム・ヒョンソク教授は23日午後6時30分から約100分間、慶北芸術経営学院の学生約100人を対象に「人生の意味」をテーマにした講義を行った。

芸術経営アカデミーは、慶北文化財団が主催するアカデミープログラムで、著名な社会人を週に1回招待し、地元の文化芸術家やその他のオピニオンリーダーが集まって勉強する.

この日は7月12日から始まった学院の卒業式当日で、キム・ヒョンソク教授を招待して卒業式を兼ねた特別講義を行った。

この講演では、キム・ヒョンソク教授が日帝強占期と朝鮮戦争で経験した様々なエピソードと考えを共有し、オピニオンリーダーが国のために持つべき態度と義務感について講演しました。

24日、慶尚北道の関係者を対象に「関係者の態度」をテーマに特別講義が行われた。

今回の会談でキム・ヒョンソク教授は、仕事の価値と価値は、物質的な所有物よりも自分の仕事を通じて他人を幸せにすることであり、役人の態度も同じであるべきだと強調した。

キム・ヒョンソク教授の2日間の講義に出席した慶北道のイ・チョルウ知事は、「ここで生きている100歳の哲学者の知恵と偉大な教えをここで聞くことができて、とても光栄でした。県大会。 政府の建物。 その意味を改めて考える貴重な機会となりました。 この2日間、たくさんのことを教えていただき、本当にありがとうございました.

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です