「独島は日本の領土だ」日本の外相が10年間「ばかげた発言」​​をしてきた後でも、政府は「これ」を加速させているだけだ:考えれば考えるほど、あなたの血は冷たくなる. < 社会 < ニュース & イシュー < 主な記事

SNS記事を送る


日本の林義正外務大臣(左)、18日に「強制労働の屈辱的な解決策の廃止」を求める集会を組織する市民社会活動家(左)と私たちの土地である独島(右). ⓒニュース1


朝鮮労働者が強制動員された佐渡鉱山のユネスコ世界遺産への日本の登録申請に続いて、外務大臣は年次演説で独島を「日本の領土」と主張した。 韓国と日本の間に悪いニュースが積み重なる中、両国政府は大日本帝国下の強制労働問題に関する交渉を加速させている。


日本の林芳正外相は23日からの通常国会で外交演説を行い、「島根県の竹島(日本が領有権を主張している独島の名称)は歴史的事実に照らして日本固有の領土である」と主張した。そして国際法。 現在の日本の岸田文夫首相が外務大臣だった2014年に外交演説で主張した後、日本の外務大臣は10年間同じ発言を繰り返した。


これに対し、外務省は同日午後、イム・スソク報道官を代表して声明を出し、「日本政府は、独島に関する不当な主張の繰り返しは、独島の建設に寄与しないことを明確に認識すべきである」と述べた。将来。 韓日関係は韓日関係に向けられたものだ」と解任を求めた。


日本も佐渡鉱山のユネスコ世界遺産登録に力を入れています。 林外務大臣は、戦時中の朝鮮人強制労働の現場である新潟県の「佐渡鉱山」がユネスコの世界遺産に登録されたことについて、「私たちは必ず役割を果たす」と述べた。 日本政府は19日(現地時間)、パリのユネスコ世界遺産事務局に対し、佐渡鉱山を来年世界遺産に登録することを正式に勧告し、外務大臣はその成功を再確認した。


2月からは、国民世論を刺激する話題が並びます。 現時点では、今年の上半期のみ △日本での「竹島の日」イベント(2月22日) △日本の文部科学省(MEXT)による教科書テスト結果の発表(3月) △神事の源 靖国神社(4月) △福島原発の汚染水流出(前期)など保留中です。


12日、強制労働の解決をめぐる公開討論会で、参加者が家事動員の被害者への補償を求める看板を掲げる。  ⓒニュース1

12日、強制労働の解決をめぐる公開討論会で、参加者が家事動員の被害者への補償を求める看板を掲げる。 ⓒニュース1


18日、市民社会活動家が集会を組織し、

市民社会活動家は18日、「強制労働に対する屈辱的な解決策の廃止」を求める集会を組織した。 ⓒニュース1


さまざまなマイナス要因にもかかわらず、韓国と日本は強制労働に関する交渉を加速させている。 ソ・ミンジョンアジア太平洋局長と船越武弘日本外務省アジア太平洋局長は16日、東京で会談した後、ソウルで局長級協議を続けた。今月の。 通常は月に 1 回行われる事務局長レベルでの協議サイクルの加速は、強制労働の問題に関する両国間の土壇場での調整が加速していることを意味します。 政府は、被害者の反対にもかかわらず、日本企業ではなく「第三者賠償金」の形で、強制労働の被害者を支援するために日本財団に補償する計画を進めています.


大統領府は、早ければ来月中に強制動員問題を終結させ、日韓関係を正常化し、韓日首脳間のシャトル外交を復活させる計画だ。 大統領府関係者はハンギョレに「(過去問題の解決は)早ければ早いほどよい」とし、「水が来てボートの準備が進んでいる。 我々は、未解決の問題を実際的なレベルで調整するために熱心に会合している。 »


尹錫烈(ユン・ソクヨル)大統領の訪日時期も、早くて来月、遅くて5月だ。 日本政府が、5月に広島で開催されるG7サミットに尹大統領を招待する計画であることは承知している。


キム・ジュニョン前国立外交学院長はハンギョレとの電話会談で「佐渡鉱山のユネスコ遺産登録と歴史マニュアルの発行が予定されているため、両国が調整した」と明らかにした。強制動員を交渉しながら、韓国の世論を考慮して、これらの問題に対する批判のレベル. 私はまた、スケジュールを調整すると思います.



シン・ヒョンチョル記者 newiron@hani.co.kr キム・ミナ記者 mina@hani.co.kr

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です