「本当に大丈夫か」日本、大谷や鈴木などのクレイジーなチーム…韓国はおそらくアン・ウジンに参加しない [WBC]















日本、大谷翔平とダルビッシュ シュウがWBCへの参加を確認した
シカゴ・カブスの鈴木がWBC出場決定!
日本リーグ 160km/hの佐々木ロキ、56本塁打の宗高も警戒中
千賀五大堂が準決勝進出
韓国はおそらくアン・ウジンに参加しないだろう

[오클랜드=AP/뉴시스]    メジャー リーグ ベースボール (MLB) のロサンゼルス エンゼルスの大谷翔平。  2022.10.06 /写真=お知らせ
[오클랜드=AP/뉴시스] メジャー リーグ ベースボール (MLB) のロサンゼルス エンゼルスの大谷翔平。 2022.10.06 /写真=お知らせ
[파이낸셜뉴스] 「日本に会わないほうがいい。 韓国には最高の投手さえいないが、日本は…」

いくらボールが丸くてもパワーギャップが半端ないのが野球選手の嘆きです。 それでも名前は「韓日」ですが、点差が大きい日本に負けると2、3回は批判が返ってきます。

2023年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に、日本の野球チームがその力を最大限に発揮することが確定した。 要するに、それは「クレイジーな」プログラミングです。

実際、アメリカン・プロ野球(MLB)メジャーリーグのシカゴ・カブスの外野手、鈴木誠也(28)がWBCへの出場を確定した。

[시카고=AP/뉴시스]    メジャーリーグベースボール(MLB)シカゴ・カブスの鈴木誠也。  2022.09.29 /写真=お知らせ
[시카고=AP/뉴시스] メジャーリーグベースボール(MLB)シカゴ・カブスの鈴木誠也。 2022.09.29 /写真=お知らせ

WBC事務局は22日(韓国時間)、自身のSNSで「鈴木選手がWBCへの出場を決めた」と明らかにした。 鈴木選手は、日本のプロ野球で2度の打撃タイトルを獲得した後、2022年シーズンに大リーグに突入した日本のトップヒッターです。 今年は111試合に出場し、打率.262、本塁打14本、打点46で先発出場した。

実際、鈴木は以下にリストされているプレーヤーと比較してそれほど問題ではありません。 すでにWBCの韓国戦で威力を発揮している大谷(28・ロサンゼルス・エンゼルス)が到着。 その時は投手でしたが、今は4番打者兼投手です。 サンディエゴ・パドレスのキーホルダーであるダルビッシュ有(36)もWBCへの出場を表明した。 いずれも朝鮮戦争に登場する可能性が非常に高い。

最近、ニューヨーク・メッツと5年7500万ドルの契約を結んだ右利きの速球投手千賀五代(29)が、アメリカでの準決勝から日本代表に加わることを発表した.

[교도=연합뉴스 자료사진]
[교도=연합뉴스 자료사진]

それだけでなく。 日本で時速160kmの佐々木ロキも参戦。 4月のオリックス・バファローズ戦では、最高速164キロの速球でパーフェクトゲームを放ち、韓国ファンの間で広く知られるようになった。

今季日本人最多の56本塁打を放った村上宗隆(22・ヤクルトスワローズ)も警戒している。 大谷に埋もれてあまり注目されていないが、韓国投手にとっては非常に相手にしにくい選手だ。

キウム・アン・ウジン、ランチャー部門(ソウル=聯合ニュース)記者パク・ドンジュ=2022新韓銀行SOL KBOゴールデングラブ賞授賞式が9日、ソウル江南区三成洞COEX講堂で開かれた。ジンが投手部門で受賞。  2022.12.9 pdj6635@yna.co.kr (終了)

キウム・アン・ウジン、ランチャー部門(ソウル=聯合ニュース)記者パク・ドンジュ=2022新韓銀行SOL KBOゴールデングラブ賞授賞式が9日、ソウル江南区三成洞COEX講堂で開かれた。ジンが投手部門で受賞。 2022.12.9 pdj6635@yna.co.kr (終了)

しかし、韓国は最高の軍事力を備えているわけではありません。 確かにエドモン達も参加できるが、投球力の差は大きい。

特に、アン・ウジン(キウム)がWBCに出られない可能性が高い。 事情に詳しい球団関係者は「簡単ではないだろう。 アン・ウジンの技術委員会への追加選出についての議論はありませんでした。 たぶん、イ・ガンチョル監督は(アン・ウジン)をすでに考慮に入れていません。

ピッチャーは「校内暴力論争」の中でゴールデングラブ賞を受賞したが、代表チームは別問題。

日本はWBCで韓国、中国、オーストラリア、チェコと共にグループBに入った。 淑明の日韓戦は3月10日午後7時、東京ドームで行われる。

jsi@fnnews.com チョン・サンイル記者








Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です