「日本は韓国より貧しくなっている…円安で一人当たりGDPが逆転」

記事の概要

日本人教授がビジネス誌「東洋経済」のコラムを分析
「ここ数年、韓国の賃金は日本を上回っています。



[도쿄=AP/뉴시스]2022.07.05、東京の証券会社の掲示板を眺めるマスク姿の市民。


[서울=뉴시스] ▲金ジウン記者〓円安で、日本の1人当たり国内総生産(GDP)が韓国に追い抜かれるとの分析が出ている。

東洋経済は24日、一橋大学経済分析学科の野口幸雄教授の言葉を引用し、「日本の一人当たりGDPは韓国より低く、アメリカの半分以下だ」と述べた。 日本人は貧しくなり、日本の産業は弱体化している」と報告書は述べた。

野口教授は「年初は1ドル=115円だったが、7月14日に139円に変わった。

円安が続く「円」現象が続く中、特定の通貨の購買力を測る実質実効為替レート(2010年を100とする)は2022年5月時点で61.77、 1971年とほぼ同じ。

野口教授は、2020年の一人当たりGDPを自国通貨で取り、7月中旬の為替レートを代入して、韓国と日本を比較した。 これによると、ドルが140円まで上昇すれば、韓国の一人当たりGDPは日本の一人当たりGDPを超える。

現在、1韓国ドル=1,316.35ウォンで一人当たりGDPは31,902ドル。 一方、日本では1ドル=139円とすると30.2010ドルで、韓国よりやや高い。

野口教授は、10年前の2012年の日本の一人当たりGDPは韓国の約2倍だったと分析。

これは GDP だけの問題ではありません。 韓国と日本の逆転は、賃金でも顕著だったと彼は説明した。

2021 年の国別給与 (自国通貨ベース) は、日本が 444 万円、韓国が 4254 万ウォン、米国が 84,737 ドルです。 韓国では 32,316 ドルです。 野口教授は「賃金では韓国が数年前から日本を追い抜いており、その差は広がっている」と指摘。

彼はまた、日本企業の時価総額が他国に比べて低下することも懸念していました。 野口教授は次のように述べています。 下がっている」と彼は付け加えた。

◎シンパシスプレスからのお知らせ kje1321@newsis.com

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。