「日本は韓国の兄のように叱責されるべき」…自民党総裁の発言 :: Empathy Media News Agency ::

記事の概要

衆議院副議長を務めた元自民党の大物江藤征四郎氏。
「韓国は兄弟…はっきり言って、日本は兄弟のようなものです」
「日本は経済力や国際的地位などあらゆる面で韓国より優れている」



[서울=뉴시스]元衆議院副議長の衛藤征士郎氏が5月11日にツイッターに投稿したユン・ソクヨル大統領(左)との写真。 写真とともに「韓国の新大統領官邸で尹大統領と会見した。韓米日の協力は朝鮮半島の安定と平和につながる」との発言を繰り返した。北朝鮮の非核化を前提に全面的に支持する用意がある」と述べた。 拉致問題の解決に向けて、強い支持と協力を求めてきた」と述べた。 写真は江藤元副社長のTwitterキャプチャー。 2022.08.05. ※DB転売禁止


[서울=뉴시스] キム・イェジン記者=日本では、衆議院副議長を務めた与党・自民党所属の政界の大物が「韓国はある意味兄弟。正直、日本は大国のようだ。兄弟。”

5日の朝日新聞によると、前日の自民党大会で、瀬城江藤元副総裁が韓日関係をめぐってこう主張した。

彼はまた、「韓国と協力し、明確に協力し、韓国を明確に観察し、指導するために、可能な限り韓国(韓日)との協力関係を確立する必要がある」と述べた。

のちに朝日新聞で「日本は兄貴のようなもの」という発言の意味を「朝鮮が朝鮮を植民地化した時期があった。

韓日関係が対等な立場にあるのかという質問には、「日本人は日米関係が対等だと思っているのか」と尋ねた。 彼は「そうは思わない」と答えた。

「同様に、韓国は労使関係は平等だと考えているが、私はそうは思わない」と彼は言った。

日米関係や日韓関係を代用することで、日本が米国を対等と見なさないように、韓国も日本を対等とは見なさないという強引な主張をした。

さらに、「日本は常に指導と叱責の立場に立つべきだ」と述べた。 その理由について、「経済力であろうと、戦後の日本の国際的地位(第二次世界大戦後の世界)であろうと、あらゆる面で日本は韓国より優れていると思う」と主張した。

特に韓日議員連盟の訪日中に発言し、物議を醸した。

◎同情メディアニュース aci27@newsis.com

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です