「日本の最大の悲劇は政治だ…韓国でも遅れをとっている理由」と日本のトップ学者は嘆いた [김태균의 J로그]

野口教授「円安の悪循環→国民の暮らしを壊す恐れがあるが政治で議論しない」
韓国の貿易収支は赤字でも経常収支は黒字…「輸出体制がしっかりしているから」

▲日本は1991年から住宅バブルが弾けた2010年までの不況で「失われた20年」を過ごした。 2006 年 6 月、日本列島が沈没した災害映画「シンキング・ジャパン」のスローガンが掲げられた建物の前を歩いている男性も、不況を垣間見ることができます。
AP = 聯合ニュース

「いま本当に必要なのは『円安政策』からの金融政策の転換。 しかし、政府も与党も野党も議論していない。 日本の政治の根本的な問題は、消費者と労働者の利益を守る政治力がないことです。 これは日本最大の悲劇です。

円安が相次ぎ、日本経済がさらに窮地に追い込まれているとの批判が高まる中、与野党政界は現実を打破する動きを見せていないと、日本の上級学者が鋭く批判した。

経常収支赤字固定の危機…「円安悪循環の必然」

日本経済の停滞の原因を鋭く分析した野口幸男シニアエコノミスト(82)一橋大名誉教授は5日、「経常収支赤字解消の危機。政治の最大の課題は、円安の悪循環を防ぐことだ」 有力ビジネスメディア「ダイヤモンド」に「タスク」と題したコラムを執筆。

「日本の経常収支は赤字です。 実際、ウクライナ危機により、原油を含む国際資源の価格が急騰しています。 しかし、日本よりも原油輸入に依存している韓国は経常黒字が続いている。

日本証券取引所前を通る市民 [AP=연합뉴스 자료사진]

▲証券取引所前を通り過ぎる市民たち [AP=연합뉴스 자료사진]

野口教授は、同じく「資源の乏しい国」に苦しむ韓国と日本を比較しながら、自国の経常収支赤字を心配した。

「韓国も昨年12月と今年1月に貿易赤字を記録した。 特に今年1月の赤字は大きかった。 それでも経常収支は黒字のまま。

野口教授は「韓国の原油輸入量は世界第4位で、日本をわずかに上回っている」とし、「特にGDPシェアでは日本の2倍以上。

彼は「韓国の経常収支がマイナスにならないのは、工業製品などの輸出が増加し、貿易構造が日本よりも強くなっているためだ。 特に、原油価格が 1 バレル 100 ドルを超えた 2014 年にも、韓国の貿易収支は赤字のままであったことが想起された。

「日本はもはやテレビや冷蔵庫を輸出する国ではない」…昨年の輸入は輸出の7.5倍

SK ハイニックス、東芝への投資を決定 東京の東芝本社のロゴの下を男が通り過ぎる。[写真=AFP聯合ニュース]

クリックすると原文が見られます。

▲SKハイニックス、東芝の出資決定
東京の東芝本社のロゴの下を男が通り過ぎる。
[写真=AFP聯合ニュース]

「日本の貿易収支は、1990年代半ばまで増加を続けていたが、その後増加が止まり、2005年頃から減少に転じた。貿易収支の減少は、輸入の増加によるものだ。

実際、日本では2000年代に入り、伝統的に好調だった工業製品の輸入が急増した。 テレビ、冷蔵庫、洗濯機などの家電製品の場合、昨年の輸入は輸出の7.5倍に達した。

これは、パナソニック、ソニー、日立、東芝、シャープなど日本の大手電機メーカーの衰退も一因ですが、海外生産の比率が高まっていることも大きな理由です。 自動車の場合、国内生産台数は海外生産拠点の半分に過ぎません。

野口教授は「国際収支は企業の損益と同じ概念ではないので、赤字自体は悪くない」と一線を画した。 彼は、持続的な経常赤字にもかかわらず堅実な成長を維持している米国経済の例を挙げました。

「米国の経常収支赤字は、米国人が自国で生産する以上に消費できることを意味するという点で、米国人にとって望ましいことだ」と彼は述べた。

しかし、日本は、状況が米国とは全く異なると指摘した。

「米国が経常収支の赤字を維持できるのは、財政収支がそれを支えているからです。 米国は他国からお金を借りることはありませんが、世界中の国々が米国に投資しています。 これが、経常赤字が問題にならない理由です。

野口幸雄 一橋時代の名誉教授。 オンライン ダイヤモンド ウェブサイト

▲一橋時代の名誉教授・野口幸雄さん。 オンライン ダイヤモンド ウェブサイト

野口教授は、これは世界の投資家が米国経済の将来に大きな自信を持っているためだと説明した。 そうでなければ、経常収支赤字を続けながら経済を維持することは不可能だろう、と彼は言った。

日米の決定的な違いは「国際社会の信頼」だと指摘。

「残念ながら、世界は日本経済の将来について米国ほどの信頼を寄せていません。 これが、日本が(米国とは異なり)継続的な経常赤字を抱えるべきではない理由です。

日米の経常収支赤字は同じ…でも決定的な違いは「将来への自信」

この時点で、彼は再び韓国と韓国を比較しました。

「韓国にも同じことが言えます(米国経済ほど信頼性が高くありません)。したがって、韓国では、公的および政治当局は経常収支に非常に敏感です。通貨危機の間(いわゆる「IMF事件」 1999年)、韓国はウォン安で破綻寸前まで追い込まれた。この経験は国民の記憶に残っている。

野口教授は「比較的、日本では経常収支を気にする人は少なかった。 これは、対外純資産が多ければ、貿易収支が赤字でも巨額の所得収支が生まれるという認識があったからです。 .”

「差し迫った問題は、円安の悪循環に陥るリスクだ」と述べた。

「(経済主体は)今後も経常赤字が続くと、円がさらに下落することを予想せざるを得ない。そうなると、円を売ってすぐにドルを買う方が儲かるので、円を売り始める」これがさらに円安を助長する悪循環に陥ります。

「(ウクライナ危機に端を発した)国際原油価格の異常な高騰はいずれ収まるだろうが、円安の危険な悪循環は続き、円安が際限なく続くリスクがある。これは必然的にリードするだろう」国内価格の上昇につながる」と彼は心配している。

東京都千代田区中田町にある自民党本部。 キム・ジンア特派員、東京

▲日本の与党、自民党
東京都千代田区中田町にある自民党本部。
キム・ジンア特派員、東京

「国民の利益を守る政治力の欠如・・・日本政治の根本的問題であり最大の悲劇」

重要なのは「現状でどのような議論が行われるか」だと主張した。 今必要なのは日銀が金利上昇を許すことで円安から抜け出すことだが、誰もそれを明らかにできなかったと彼は嘆いた。

「現状を政治的に見れば、野党にとっては絶好のチャンス。 政府の政策が望ましい方向とはまったく逆であると批判し、国民生活を守るために円の安定を訴えれば、支持率を高めることができるかもしれません。

しかし、現在の最大野党である立憲民主党を含む日本の野党は、それについて問題を提起していません。

野口教授は「消費者と労働者の利益を守る政治力の欠如」が日本の政治の根本的な問題であると指摘し、「日本最大の悲劇」と呼んだ。

ジャーナリスト キム・テギュン

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です