「日本のキラー」パク・チソン×イ・スンウ、ドイツ対日本試合最適化解説予告


[SBS연예뉴스 | 강선애 기자] 現役時代「日本のキラー」として君臨したパク・チソンと、「2018アジア競技大会日韓決勝戦」で決勝ゴールで日本を破ったイ・スンウが伝説のコメントを予言2022年カタールワールドカップのドイツ対日本の試合。

SBSは23日、「パク・チソン、イ・スンウSBSカタール2022ワールドカップコメンテーター、ベ・ソンジェ投手がグループEグループステージ「ドイツ-日本」を司会する」と明らかにした。本日(23日)韓国時間の午後10時、カタール・ドーハのカリファ国際競技場で行われたリレーを担当します。

ペ・ソンジェ – パク・チソン – 「アルゼンチン対サウジアラビア戦」で初めてキスを交わした「ペ・パク・スントリオ」イ・スンウは、オンラインとオフラインを完璧な錬金術で温めた。最初の息。 その結果、SBS「カタールワールドカップ2022」の放送視聴率が3日連続上昇し、10代と20代の視聴率1位を記録するなど、MZ世代のサッカー好きとしての地位を確立した。

デビュー前から「解説の天才」の称号を得たイ・スンウが中心的な役割を果たした。 史上最年少のサッカーコメンテーターであるイ・スンウは、これが初めてのコメントとは思えないほどの華麗なドリブルはもちろん、安定した発声と明晰な言葉使い、ウィットに富んだ言葉で視聴者を魅了した。 実際にイ・スンウは「アルゼンチン対サウジアラビア戦」について「メッシは『サッカーの神』だが、式典はとてもシンプルだ。彼と式典について話したい」と語った。 (パク・チソンの社会生活は始まったばかりだ」など彼は多くのことわざを作成して「チョンサン・ユ・スンウ」というニックネームを獲得することができました.

さらに、パク・チソンとイ・スンウのアンサンブルは優れていると評価されました. イ・スンウは「永遠のキャプテン」パク・チソンに頻繁に敬意を表して優れた社会性を発揮し、イ・スンウの暴行に目を覚ますことができないパク・チソンの姿を見て、SBS放送を楽しむのが本当に楽しみになった。 また、パク・チソンのクールで落ち着いた分析力とイ・スンウの情熱的なラテン感性が「クールさと情熱の間」を行き来するかのように絶妙なバランスを形成している。

パク・チソンとイ・スンウは、第2試合となる「ドイツ対日本戦」で前回の「アルゼンチン対サウジアラビア戦」を超える楽しさを届ける決意だ。 中でもパク・チソンは韓日戦史上最高のシーンとされる「歩くセレモニー」の主人公であり、イ・スンウはゴールを決めた主人公である。 2018年アジア競技大会の韓日戦. は、「ドイツ-日本戦」の最適化されたキャプション解説を提供することを期待しています.

カン・ソンエ記者 sakang@sbs.co.kr

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です