「日本に会う必要はない…韓国と日本が必要だ」

「(日本は)会う必要はなかったが、会った。韓国は日本に借りがある」

朝日新聞は21日(現地時間)、米ニューヨークで開かれた尹石烈(ユン・ソクヨル)大統領と日本の岸田文雄首相との会談の背景と経緯を報じた。

岸田首相側によると、韓国政府から「会いたい」との要請が数件あり、日本側からは「この時間と場所でなければ会う」とのことだった。 会議は日本代表団の建物を訪問しながら行われました。

会談は約30分間続き、日本人参加者は「率直な表情の岸田総理の前でユン大統領が大声で話した。 私はあなたを捕まえようとしていた」と彼は言った。

彼は続けて「結果が出なくても会いたいと言ったので、会う必要はなかったが会った。韓国は日本に借りがある」と話した。

この点について、岸田総理は会談後、側近に対し「(韓国は)やる気がある。 将来何ができるかを見てください。

韓国はこの会合を「非公式会談」と日本側の「討論」と定義し、用語も混在していた。 ただ、政府報道官の松野弘和官房長官は22日の定例会見で「会談と会談の厳密な定義はない」としてコメントを控えた。

これに先立ち、岸田首相は、韓国側が一方的に韓日首脳会談を発表したことに対し、「絶対に会わない」と不満を表明したと報じられた。

朝日新聞は「とはいえ、会談に対する岸田首相の対応は、韓国側の姿勢をある程度肯定的に評価したものだった」と分析した。

日本のメディア「韓国と日本の指導者、対話は続けなければならない」

日本のメディアも、両首脳に対し、関係改善のための対話を継続するよう促した。 朝日新聞は同日付の社説で「両国は懸案が多いため、政治指導者は向き合わなければならない。

「韓国側の解決策を肯定的に評価するなら、日本も謙虚な態度で歴史問題に立ち向かわなければならない」

また、「2年9カ月ぶりに行われる両首脳の会談は、その間に壊れた信頼を回復する機会になるだろう。 意気込みを見せます。

「自民党を支持する保守派は、強制労働問題の解決の目途が立たないまま首脳会談を受け入れることに反対だ」と述べた。

「近隣諸国との関係を安定させることは外交の基本です。

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。