「国民の普遍的な健康を確保するために、看護法を緊急に制定しなければならない」>ニュース

7日の「2022年全国有権者会議」では、韓国看護師協会(カンヒョプ)が看護法制定の過程と重要な課題を共有し、公衆衛生を促進するために看護法をできるだけ早く制定すべきだと指摘した。

全国有権者協会が主催し、ニュースインサイトと選挙政策評価チームが主催する2022年の全国有権者会議で、進歩党のチョ・ジョンフン議員、政策の専門家であるチェ・フンファが医療の歴史を紹介した。法律、看護法を制定する必要性、看護法の状況、看護法を制定するプロセス、主要な問題と期待、効果など。 看護法に加えて、△政治改革法△無投票選挙を防ぐための投票制の施行△国会議員の比例代表を増やすことで国会議員の数を増やす議会△親密な敬虔な文化を促進する法律を可決する△高齢者市民権事務所を設立する△軍の採用システムを実施する△子供と若者のための健康な個人放送文化を提供するなどの政策も提案された。

崔長官は、看護法の制定の必要性について、「看護法は11省の管轄下にある90の法律に散在しているため、一貫した看護政策の推進が難しく、医療法はその分野をカバーしていない。 「看護の専門」。 免許や資格、医療機関の設立・運営を中心とした法律であり、看護師の昇進や支援など、看護問題の解決に向けた対策を盛り込むには不十分である。

さらに、2月に市民団体Future Consumer Actionが実施した看護法の制定に関する世論調査では、医療専門家の76.1%が看護法を支持しました。 彼は「看護法の制定は時代の課題である」と指摘した。

これらの要請にもかかわらず、先月26日に開かれた国会の立法・司法委員会の議題に含まれずに介護法が停止された。

看護法の期待される効果について、「看護法は、医療施設や地域社会における国民の健康に対する権利を保護するために、看護スタッフを確保し支援する政策を実施するための基礎を築くものである。看護支援センターの役割を再確立する機会となり、看護労働者の配置基準を強化し、看護人材の獲得と看護政策の実施を支援します。

一方、今年で2周年を迎える2022年の全国有権者会議は、第21回国会後半の立法活動や新時代に有権者が望む政策を積極的に反映する機会を提供するために推進されてきた。 8番目の地方自治。

その日発表された主な政策提案は、不動産、労働、女性、青年、教育、中小企業(SME)などの社会のさまざまなセクターからの要求に応じて、過去6か月間の公開競​​争を通じて作成されました。

韓国有権者連盟のイ・ジンヨン会長は、歓迎のメッセージの中で、「選挙政策案は、第21回議会後半の立法活動における有権者の政策を直接反映するために発行された。 「有権者は有権者だ。」有権者が望むシステムが政策立案者に提供されることを望んでいる」と述べた。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。